ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 安否票で万一の備え

厚木

船子自治会

安否票で万一の備え

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
安否票を確認する
安否票を確認する

 震度6以上の大地震が発生したときに住民の安否を確認するため、船子自治会(野原明会長)が「安否票」の掲出を地域住民に求める取組みを始めた。

 厚木市役所地域力推進課によると、市内には現在220の自治会があり、「安否票」の取りまとめをする自治会は珍しいという。

 この取組みは、被災状況を知り、避難時に所在を把握することが目的。同自治会は49組に分かれており、各組長が自治会員の全491戸を管理している。

 「安否票」には住民の住所、氏名、電話番号、同居人数を記入するほか、緊急連絡先として、避難先の住所、避難人数、氏名、伝言欄を記入するスペースがある。災害時等に安否票を玄関に掲出してもらい、ない場合は、組長が消防・警察に連絡をして安否を確認するという。

 野原会長は「いざというときいつでも安否票が掲出できるよう玄関などに置いておいてください。これからも備えを訴えていきたいと思います」と住民に呼びかけた。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原