ホーム > 厚木版 > ローカルニュース > 文化会館で自主公演

厚木

文化会館で自主公演

人形浄瑠璃 あつぎひがし座
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
郷土の伝統芸を披露する
郷土の伝統芸を披露する

 人形浄瑠璃のあつぎひがし座による自主公演が、6月18日(土)に厚木市文化会館で行われる。当日は午後1時開場、1時30分開演。入場無料。

 あつぎひがし座は神奈川県に古くから伝わる「相模人形芝居」の伝承を目的に、1975年に結成された。座員は厚木東高校人形浄瑠璃部の卒業生らが中心。現在では地域の公民館や学校に出向き、同部の現役の部員らとともに人形浄瑠璃の公演を行っている。

 37回目を迎える今回の自主公演では、本能寺の変を題材に、明智光秀を主人公にした『絵本太功記』より「尼ヶ崎の段」、四季をテーマに構成される舞踏作品『花競四季寿』より、春と冬を描いた「万才」「鷺娘」を披露する。

 問合せは、あつぎひがし座【電話】046(222)4151林田さんまで。
 

関連記事

powered by weblio


厚木版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 大和
  • 海老名
  • 綾瀬
  • 座間
  • 厚木
  • 愛川・清川
  • 伊勢原