厚木版 掲載号:2011年6月17日号
  • googleplus
  • LINE

高齢者を疑似体験 戸室小で総合学習

教育

子どもたちは感覚の違いにおどろいた様子
子どもたちは感覚の違いにおどろいた様子

 厚木市立戸室小学校(井上桂校長・児童数512人)で6月9日、4年生児童による高齢者疑似体験の授業が行われた。

 現在4年生は総合的な学習で福祉体験を学んでおり、今回の体験授業もその一環。同市で活動する福祉教育推進ボランティア「あおぞら会」のメンバーが講師を務めた。

 児童らはあおぞら会による説明を受けたあと、身体機能の低下などを感じてもらおうと、重りの入った上着や視野が制限されるメガネなどを装着。クラスメートの介助を受けながら歩いたり、新聞の細かい字が読めるかなどを体験した。

 児童たちからは「目の前が見づらくて歩くのが怖かった」「足も腕も動かしにくくて、文字を書くのも大変だった」といった感想が上がった。指導した同会の長澤孝行さんは「思いやりの心を持って、困っているお年寄りを見かけたら一声掛けてあげて」と子どもたちに呼びかけた。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

24日に開通式

24日に開通式

赤坂竹ノ内線360m結ぶ

3月24日~3月24日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク