厚木版 掲載号:2011年8月26日号
  • googleplus
  • LINE

住宅用火災警報器 厚木市は普及率72.8% 神奈川県内では4番目

火災警報器を設置する様子
火災警報器を設置する様子

 今年6月から義務付けられた住宅用火災警報器の設置状況がこのほど総務省から発表され、厚木市の推計普及率(6月時点)は72・8%に達していることがわかった。県内では、川崎市、綾瀬市、平塚市に次いで4番目となる。

 一般家庭における住宅用火災警報器の設置は、年間の住宅火災死者数が1000人を超えたことから2004年改正の消防法で定められた。死者の半数以上が65歳以上の高齢者であること、死亡原因の約7割が逃げ遅れであることから、死者数の低減化を図るため義務付けられることになった。

 厚木市の推計普及率は、昨年12月時点で52・8%に留まっていたが、今回の調べで20・2ポイント伸びたことになる。72・8%は、神奈川県平均(70・6%)と比べても2・2ポイント、全国平均(71・1%)からも1・7ポイント高い普及率となった。

 市消防本部は「現在の普及率に満足している訳ではないが、12月の時点からしっかり周知でき、高い伸び率になったと思っている」と前向きにとらえている。

 これまで同本部は、今年6月の義務化に向け、市の広報紙や本厚木駅前の街頭キャンペーンなどで設置を呼びかけてきた。特に力を入れてきたのは個別訪問で、昨年11月から今年3月にかけ、消防団員と職員延べ5100人が市内世帯を訪問し、各家庭で直接、機器の説明などを行った。

 今年度、同本部が掲げている普及目標は90%。住宅用火災警報器は義務化されたが、罰則がないために消防のPR活動がポイントとなる。今後は、これまでの個別訪問で不在や未設置の家庭への再訪問を続けていく予定。同本部は「これまでの活動で、義務を知っている人は多いが『オール電化だから火災は起きない』などの声がある。今後は、正確な情報を提供し、設置頂けるよう努力していきたい」と話した。
 

厚木版のトップニュース最新6件

3月31日で全館休館

厚木市郷土資料館

3月31日で全館休館

3月16日号

来年3月めざし出店計画

イトーヨーカドー駐車場跡地

来年3月めざし出店計画

3月16日号

飯山観音で獣霊供養祭

小鮎地区わな設置協議会

飯山観音で獣霊供養祭

3月9日号

クラゲでストレス緩和

とうめい厚木クリニック

クラゲでストレス緩和

3月9日号

南口の顔 いよいよ着工

本厚木駅

南口の顔 いよいよ着工

3月2日号

まちづくり「大きく実る年」

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

24日に開通式

24日に開通式

赤坂竹ノ内線360m結ぶ

3月24日~3月24日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク