厚木版 掲載号:2011年9月2日号
  • googleplus
  • LINE

災害時に備え体験訓練 睦合西公民館で「ディキャンプ」

教育

三角巾の使い方を教わる児童たち
三角巾の使い方を教わる児童たち

 災害時を想定した生活を実際に体験してもらおうと、睦合西地区青少年健全育成会(寺田博正会長)が主催する生活体験訓練「みんなでディキャンプに参加しよう!」が8月21日、睦合西公民館で行われた。

 これは東日本大震災を教訓に、地域を守る防災指導員が三角巾の使い方や簡易担架を作る講習などを開き、万一に備えてもらうために企画されたもの。この日は睦合西地区に住む児童と保護者ら80人が体験訓練を受けた。

 また、災害時に高齢者の気持ちを考えてもらうために、特殊なメガネや耳栓、サポーター、荷重チョッキなどで体全体を覆い、高齢者が抱える不便さや不自由な思いを参加者が疑似体験した。

 参加した清水小6年の井原真優さんは「体に着けるサポートが重くて大変でした。高齢者の人たちの気持ちがよく分かり優しい気持ちを持っていざというときに備えたいです」と話した。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

24日に開通式

24日に開通式

赤坂竹ノ内線360m結ぶ

3月24日~3月24日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク