厚木版 掲載号:2012年2月3日号

「手作りおうどんおいしい」 教育

玉川小 体験教室に105人

うどんを作った
うどんを作った

 厚木市立玉川小学校(大貫洋校長・児童数219人)で1月20日、生活科の授業の時間に「うどん作り」体験教室が行われ、同校1・2年生の児童60人と保護者45人が挑戦した。

 これは同小学校の伝統行事の一つで、食べ物の大切さを学び、地域の人たちと触れ合うことを目的に毎年行われている。

 この日は、児童と保護者が12のグループに分かれ、七沢で稲刈りなどの指導を行っている「しあわせクラブ」の三橋四郎さんらにうどん作りを教わった。

 製麺機を回す時に「力がいる」と戸惑う児童もいたが、最後はうどんを全員で試食した。

 親子で参加した小川智子さん(33)は「童心に返れて良かったです」と話した。娘の莉采さん(1年)は「自分で作って食べるのは初めて。手作りのおうどんはおいしい」と笑顔で話した。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

医療事務急募!

海老名総合病院、東海大学医学部付属病院で募集

https://www.nichiigakkan.co.jp/

<PR>

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク