厚木版 掲載号:2012年2月3日号

震災の経験を子どもたちに

釜石の校長が森の里小に

全校生徒を前に話すか加藤校長
全校生徒を前に話すか加藤校長

 市立森の里小学校(蓮見優子校長)に1月26日、東日本大震災の被災地にある釜石小学校の加藤孔子校長が訪れ、震災の教訓を子どもたちに語った。

 2校の交流は、森の里小の父親委員会OBが、釜石小にピザ作りに行ったのがはじまり。その後、児童同士がインターネットのテレビ生中継で交流するなどしてきた。

 釜石小は、東日本大震災で一人の犠牲者も出なかった。加藤校長は、津波が来たら、取る物も取り敢えず、肉親にも構わずに、高台へ逃げろという三陸地方の言い伝え「津波てんでんこ」の話をし、「子どもたちは学校で教わったことをそのまま実行して命が助かりました。みなさんも学校でたくさんのことを学んで、自分の命、友達の命、家族の命、皆の命を大切にしてください」と訴えた。

 子どもたちは、真剣な表情で加藤校長の話しに耳を傾けていた。
 

北海道グルメバイキング!!

2019年8月18日限定 北海道と富士屋ホテルのコラボをお楽しみください

https://www.yumotofujiya.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク