厚木版 掲載号:2012年3月9日号

映像で厚木のまちを元気に 文化

力作19点を表彰

写真コンクールと映像コンテストの入賞者
写真コンクールと映像コンテストの入賞者

 「あつぎ映像フォーラム」が2月25日、厚木シティプラザで開かれた。これは、写真と映像による新たな街づくり、地域活性化を目的に厚木市が実施している。

 5回目となる今回は市内外から約50人が来場。「ウルトラマンマックス」監督で漫画原作者の梶研吾さんと、神奈川工科大学情報メディア学科の小島一成准教授、湘北短期大学生活プロデュース学科の岩崎敏之教授、東京工芸大学映像学科の山川直人教授によるパネルディスカッション「映像を活用したまちづくり」に耳を傾けた。

 また「第39回厚木市広報写真コンクール」と「あつぎ映像コンテスト2011」の表彰式も同時に行われ、小林常良市長から賞状と記念品が授与された。

 「広報写真コンクール」では、62点の応募から入賞作品11点が決定。特選には市のイベント「あつぎ国際大道芸」のパフォーマンスを表現した伊藤良一さん(平塚市在住)の「笑顔につつまれる街」が選ばれた。

 「映像コンテスト」では、60点の応募から8点の入賞作品を決めた。グランプリには、写真スタジオのメンバーが老人ホームを慰問し、ボランティアで写真撮影する様子を収めた横山善太さん(愛知県在住)の「みんなの笑顔のために」が選ばれた。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク