厚木版 掲載号:2012年8月17日号

子どもの夢 ケーキに 文化

幸せの丘が恒例イベント

世界に1つだけのケーキが手渡された
世界に1つだけのケーキが手渡された

 市内長谷と旭町にある「幸せの丘」(岡田雅文オーナー)が8月4日、恒例の催し「幸せの夢の日」を行った。

 このイベントは家族で夢を語り合うきっかけを作りたいと一昨年から実施。子どもたちが描いた将来の夢のイラストを、パティシエがオリジナルケーキにして手渡している。今年は約100個の「夢」が集まった。

 パティシエを目指す小学6年生とイルカの飼育員になりたい3年生の姉妹は、ケーキをみた瞬間笑顔に。「自分の絵がケーキになって嬉しい」と声を弾ませた。

 岡田オーナーは「子どもたちの笑顔をみることが好き。喜んでもらえて良かった」と話した。

 また昨年に続き東日本大震災の義援金を募り、被災地へ寄付している。
 

(公社)神奈川県薬剤師会

11/18〜23「くすりと健康相談薬局」県下一斉相談日。認定薬局はHPで。

https://www.kpa.or.jp/for-all/21511/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク