厚木版 掲載号:2013年3月29日号
  • googleplus
  • LINE

平家の盛衰 弾き語り 平曲の演奏会に200人

文化

平曲を披露する荒尾さん
平曲を披露する荒尾さん

 平家琵琶(平曲)の演奏会が3月23日、相川公民館で催され、市内から約200人が集まり演奏に聞き入った。

 このイベントは相川公民館学級・講座等開設委員会が「伝統文化への興味を膨らませ、文化的視野を高める」ことを目的に、初めて開催した。

 平曲とは、平家の盛衰を描いた作品「平家物語」を、琵琶の音に乗せて語るもので、約800年の歴史を持つという。この日弾き語りを行ったのは、日本でも数人しかいないという平曲奏者の荒尾努さん(34)。

 演奏したのは源平合戦などを描写した4曲。「敦盛最期」という曲では、17歳の平敦盛と熊谷次郎直実が登場。息子ほどの年齢である敦盛を殺さなければならない熊谷の心の葛藤が琵琶の演奏とともに語られた。

 子どものころから平家物語が好きだったという荒尾さんは、平家について「日本人の愛すべき姿がある。心の優しい家族の姿が見える」と語った。

 演奏を聴いた戸田在住の山野照剛さん(79)は「子どもの頃から聞いたことのある物語を、解説を織り交ぜながら演奏してくれた。とても感動した」と話した。
 

厚木版のローカルニュース最新6件

学校法人白山学園 小鮎幼稚園

創立44年。徳育・体育・知恵をはぐくみます。小鮎小となり

http://www.hakusangakuen.jp

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

丹精こめたバラ咲き誇る

丹精こめたバラ咲き誇る

日本フルハーフで観賞会

5月20日~5月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月11日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク