厚木版 掲載号:2013年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

ZOOM UP 「切り絵の素朴さ後世に」 山際在住 永田松丸さん

文化

自宅でカッターを手に切り絵を制作する永田松丸さん
自宅でカッターを手に切り絵を制作する永田松丸さん

 7月31日(水)まで、市役所本庁舎1階ミニギャラリーで切り絵展を開いている永田松丸さん(山際・82)。独学で絵を学び、切り絵を始めて半世紀。永田さんの横顔に迫った。

 ▽切り絵の魅力は「素朴さ」と即答。今回の切り絵展には「ドン・キホーテ」の作品9点を展示。「来場者が切り絵に関心を持ってくれているのを見るのが本当に嬉しい」と満面の笑みをうかべる。作品作りで大事にしていることは「遊び心」。あまり力を入れずに惰性でのんびりやるのがいいそうだ。額も切り絵の一部だと考え、全部手作りというこだわりよう。

 ▽1930年、東京都杉並区に生まれる。中学は美術部。図工は絶対休まなかったくらい絵が大好きな少年だった。早稲田大学電気科(当時)を卒業後は終戦直後で就職難だったが、学生アルバイトから酒類の製造販売会社メルシャン(株)に入社した。ワインコーディネーターとして、切り絵でワインラベルやポスターのデザインを手がけた。京都ロイヤルホテル、大丸デパート、中日ドラゴンズ創設50周年、阪神タイガースが優勝したときのラベルまで、ワイン好きなら誰もが一度はどこかで見たことがあるデザインばかりだ。切り絵との出会いはサラリーマン時代。1963年、中国歌舞団が来日したとき、中国の切り絵を見て感銘を受けたのがきっかけだ。

 ▽厚木に移り住んだのは89年。最近はその年に話題になった出来事や人物の作品づくりに精を出す。「なでしこJAPAN」が2011年、W杯で優勝したときに30号の切り絵を制作。スパイクが一人一人違うので大変だったと1カ月の制作期間を振り返る。作品の軌跡をたどったスクラップは10冊目。切り絵をする妻と二人三脚で作品づくりを楽しんでいる。今年の3月までは切り絵講師として活躍した。現在は8月の市民ギャラリーでの展示を控え、作品を鋭意制作中。意欲は衰え知らずだ。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

KAIT BLUEに奨励賞

開幕前に決意表明

長谷スポーツ少年団が40周年

「2度目の春、迎えました」

新春のつどい

◆(株)リラフル

新春のつどい

2月16日号

新春のつどい

◆厚木地区食品衛生協会

新春のつどい

2月16日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク