厚木版 掲載号:2013年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

流派越え華道展盛大に 6日間で7600人

文化

展示された生け花を熱心に観賞する来場者
展示された生け花を熱心に観賞する来場者

 県内の華道家の作品を集めた「第64回神奈川県華道展」が6月19日から24日まで厚木市文化会館で開かれ、6日間で7600人(=主催者発表)が来場した。

 この華道展は、流派を越えた華道家が一堂に会し、日ごろの研鑽の成果を発表しようと開催されているもの。毎年場所を変え、厚木市内では5年ぶりとなった。主催は、神奈川県華道連盟、厚木華道協会。

 期間中は、県内23の華道協会所属会員の華道家354人が、思い思いの花器にアジサイやアヤメなど季節の花を植え込んだ約300点の作品を展示した。

 来場者からは「すごくきれい。花器もこだわりがあるね」との声が上がり、真剣に花材のメモを取ったり、写真撮影をしたりする人の姿が見られた。

 愛甲在住の大津雅子さん(66)は、「男性の方の生け花は大胆で見応えがありました。豪華で夏らしい花が多くて季節感が出ていましたね」と笑顔で話した。

 厚木華道協会の揚石華鳳会長は、「県内中からたくさんのお客様に足を運んでいただき感謝しております」とコメントした。
 

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク