厚木版 掲載号:2014年2月21日号
  • googleplus
  • LINE

厚木市 予算総額が過去最高 14年度当初案は1377億円

政治

小林常良市長
小林常良市長

 厚木市は2月14日、2014年度当初予算案を発表した。特別会計などを合わせた予算案の総額は、2年連続で過去最大規模を更新する1377億435万4千円(対前年度比3%増)。このうち一般会計は754億8000万円(同2・3%増)。2月24日(月)に開会する市議会2月定例会に提案する。

 市は「あつぎ元気プラン」の第1期基本計画と第2期実施計画が最終年度を迎えることから、目標の達成に向けて取り組むため、4月26日にグランドオープンする「アミューあつぎ」(旧厚木パルコビル)の関連事業など経済活性化や企業誘致、待機児童ゼロ戦略関連事業などに重点を置いて予算を編成した。

 一般会計歳入の56・9%を占める市税は、前年度比較で1%増の429億4747万3千円。個人市民税や固定資産税は増えたが、法人市民税は法人実効税率の引き下げや企業減税拡大の影響で減少を見込む。

 自治体の貯金にあたる財政調整基金は取り崩さず14年度末現在高見込みで20億662万1千円。市債現在高は21年ぶりに500億円を下回る見通し。市財政課は「将来への負担が大きくならないように、バランスをみながら市債減に努めてきた」と成果を話す。

 歳出面では農林水産業費が、かんがい排水路改修事業などで対前年度比較21・4%増。また、教育費も小学校教室冷暖房設備設置などで同16・8%増。土木費は街路用地取得事業や森の里東土地区画整理推進事業、(仮称)健康こどもの森整備事業などがあるが、アミューあつぎの整備が終了することで同13・4%減を見込んでいる。
 

厚木版のトップニュース最新6件

4月から区域再編

地域包括支援センター

4月から区域再編

3月30日号

SC(セーフコミュニティ)担当部長を新設

「地域の居場所」めざす

市街地整備 見通し定まる

山際地区

市街地整備 見通し定まる

3月23日号

3月31日で全館休館

厚木市郷土資料館

3月31日で全館休館

3月16日号

来年3月めざし出店計画

イトーヨーカドー駐車場跡地

来年3月めざし出店計画

3月16日号

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク