厚木版 掲載号:2014年6月27日号
  • googleplus
  • LINE

相川小 身近な自然学ぶ 4年生が環境授業

教育

採集したバッタの生態を観察する児童
採集したバッタの生態を観察する児童
 相川小学校(中川洋太校長)の4年生の児童27人を対象にした環境授業が、6月18日に行われた。

 この環境授業は、総合学習の一環として昨年に続き行われ、相模川に生息する生き物を観察して、四季を感じ理解を深めてもらうことが目的。

 この日の講師は、郷土資料館学芸員の槐(えんじゅ)真史さん。神奈川県立博物館外来研究員の保科恵子さんがサポートした。児童たちは相模川の河原に飛来したカモメやカワウなどの野鳥を観察。その後、教室に移動し採集したバッタの生態を調べた。

 同小は相模川の近くに位置し、自然と触れ合う機会が多い場所であることから、児童たちからは「1年間バッタを観察していくので、どんな変化があるか楽しみ」といった声が聞かれた。槐さんは「見て触れて感じて何が分かるのか考える力をつけて。それが生きる力になります」と話した。

厚木版のローカルニュース最新6件

「みどりの実践団体」登録募集

みどりや自然を守るために活動している団体を奨励金交付や研修等の実施で支援

http://ktm.or.jp

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

健診結果読み解こう

健診結果読み解こう

4月に各公民館で講座

4月24日~4月27日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月30日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク