厚木版 掲載号:2015年8月7日号
  • googleplus
  • LINE

介護ロボが一堂に 初の国際博に1千人

社会

介護ロボットと触れ合う来場者
介護ロボットと触れ合う来場者
 第1回国際介護ロボット博覧会が8月1日、厚木シティプラザ6階のサイエンスホール250で開かれ1000人(主催者発表)を超える来場者があった。

 この取り組みは、介護ロボットの先進地域として厚木市の存在を広くPRしようと、ロボット研究開発拠点都市推進プロジェクトチームアトム(井浩二代表)が主催。この日は国内外13社の介護ロボットが集合し、来場者は実際に体験などを通して介護ロボットへの理解を深めた。

 高齢者向けコミュニケーション型ロボット『うなずきかぼちゃん』を手がけるヒップ&ウィズ(株)の加藤正治さんは「県などからの勧めもあり出展した。たくさんの方に介護ロボットを知って頂くきっかけになり良かった。次回以降も出展したい」と話した。

 相模原市と海老名市から訪れた30歳代の女性2人は「可愛いロボットがたくさんあることが知れて良かった。ロボットが普及すれば体の不自由な方が外出する機会も増えるのでは」などと感想を話した。

第17回建築家展

~リフォームか、建替えか~ 2月23日~25日プロミティあつぎで開催

http://www.asj-atsugi.jp/

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

テーマは「高齢者の居場所」

テーマは「高齢者の居場所」

2月20日に学習懇談会

2月20日~2月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク