厚木・愛川・清川版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

休耕地を活用した市民農園 飯山農楽校(ノラッコ)が開校

文化

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena
開校式でジャガイモの植え付けをする参加者ら
開校式でジャガイモの植え付けをする参加者ら

 飯山の休耕地を利用して活性化につなげようと、滞在型市民農園「飯山クラインガルテン 飯山農楽校」が3月13日に開校した。

 同校は、飯山の地域住民でつくる「飯山再生を考える会」や周辺農家ら数十人のボランティアで運営。高齢者が耕作しなくなった田畑などを市民農園として貸出し、市内の中心市街地や市県外から人を呼び込むことで、飯山の活性化につなげる試みだ。

 農園は、1組30平方メートルの区画を3月から12月までの10カ月間有料で提供するもの。ジャガイモやキャベツ、トマトなど年間18種類の作物を栽培。種や肥料などは同校で用意し、農機具なども貸し出している。

 毎月第2土曜日にはボランティアが栽培方法などを指導する講習もあり、未経験者でも栽培・収穫ができる。また、夏季には飯山温泉での宿泊や、バーベキューも企画されている。随時ボランティアが畑を管理しているため、週末や講習会のみの参加でも可能。

 13日の開校式後にはジャガイモを作付し、5組の入園者のほかに同校周辺に住む子どもたちも参加。同校の渡辺一夫校長によると、初めて農作業をする子どもが多く、「土いじりを楽しんでいた」という。

 渡辺校長は「大人だけでなく、子どもにも農作業を体験する場として利用してほしい。同校を通じて飯山の温泉や自然の良さを伝える機会になれば」と語った。

 問合せは渡辺校長【携帯電話】090・1843・1117へ。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

奉仕の誓い新たに

厚木RC

奉仕の誓い新たに 社会

60周年で記念例会

5月14日号

4市の書作品を展示

4市の書作品を展示 文化

20日から県央連合書展

5月14日号

ATGサイレン灯

Y・F(ユースフォーラム)をオンラインで

国際ソロプチミスト厚木

Y・F(ユースフォーラム)をオンラインで 社会

コロナ禍で初の取り組み

5月14日号

「シーゲイルズJr.」始動

中学生ラグビー

「シーゲイルズJr.」始動 スポーツ

県央・県西地区に受け皿

5月14日号

ジャズとクラシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter