厚木版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

活動報告No.236 まちの在り方を考える かながわ民進党 さとう 知一(47歳)

 日本創成会議が発表した消滅可能性都市リストには、東京・池袋駅を有し人口増を続ける「豊島区」があります。

 単身者流入は続いているものの死亡者数が出生者数を上回る「自然減」の状況が25年以上続いているのです。

 つまり、単に人口が増えていても安心はできません。

厚木市の場合

 「厚木市人口ビジョンに基づく地区別将来人口推計」(平成29年3月)によると特定地域では、急激な人口減少と高齢化が深刻な事態になると想定されています。

「市内4地区」

 18年後(平成47年)の推計では、緑ヶ丘→人口減少比率=マイナス31%、老年人口比率=38・9%、玉川→同▲22・7%、同40%、小鮎→同▲21・3%、同37・4%、森の里→同▲15・2%、同59・4%とされています。

 18年先には、人口が大幅に減少し、65歳以上が全体の6割を占める超高齢化の地域が市内に出現します。

 今後の人口減少・財政規模縮小を考えると現状の公共サービス継続は困難です。

 保有している老朽化施設維持も「大きな課題」です。
 

かながわ民進党 さとう知一

厚木市寿町1-2-3-101佐藤知一事務所

TEL:070-6407-3910

http://sato-tomokazu.com/

厚木版の意見広告・議会報告最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

ひろみちお兄さんが来る

ひろみちお兄さんが来る

親子運動あそび 参加者募集

9月1日~9月1日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク