厚木版 掲載号:2018年1月5日号
  • googleplus
  • LINE

海老名南JCT〜厚木南IC 新東名 1万人が歩く 開通は28日 午後3時

社会

歩き始める参加者(上)、地元のみこしも登場
歩き始める参加者(上)、地元のみこしも登場
 中日本高速道路(株)(NEXCO中日本)が建設を進めている、新東名高速道路の海老名南ジャンクションから厚木南インターチェンジ(以下/厚木南IC)までの区間(延長約2Km)が、1月28日(日)午後3時に開通する。市内で4つ目のICとなる新たな玄関口の誕生を祝おうと、12月24日に開通前の道路を歩く「新東名あつぎウォーク」が行われ、約1万人が参加した。

 あつぎウォークは、厚木市と新東名厚木南IC開通記念事業実行委員会(菊池美明実行委員長)が主催。オープニングセレモニーで小林常良市長は「多くの人の協力でこの日を迎えられたことに感謝したい。寒さに負けず、楽しんで歩いてください」とあいさつした。

 東名中学校吹奏楽部のファンファーレの後、小林市長の号砲を合図に参加者らがウォーキングを開始。厚木南ICから海老名南JCTを往復する約3Kmのコースを、写真を撮影したりしながら思い思いに楽しんだ。

 また、この日は地元の子易・若宮八幡神社神輿保存会・同神社氏子と、菅原神社・神輿世話人・下戸田昭和会の2団体がみこしと囃子を高速道路上で披露し、イベントに華を添えた。

 今回の区間が開通することで、NEXCO中日本では物流の効率化による生産性向上と地域開発の促進、海老名JCTなどの交通混雑緩和と移動時間の短縮の効果を期待している。28日には式典も行われる予定。

 今後は2018年度に厚木南ICから伊勢原北IC(仮称)区間が、20年度には御殿場JCTまでの区間が開通し、愛知県豊田市(豊田東JCT)までの全区間が開通する予定。

厚木版のトップニュース最新6件

「誠実」テーマに市政運営

救急車 適正利用呼び掛け

厚木市消防本部

救急車 適正利用呼び掛け

1月12日号

新成人は2,501人

厚木市

新成人は2,501人

1月5日号

わんダフルライフ再び

新春特別取材

わんダフルライフ再び

1月1日号

将来への備え 花ひらく年

新年寿ぐ千両大市

新年寿ぐ千両大市

12月22日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

眠りを変えて元気に

眠りを変えて元気に

健康講座の参加者募集

1月26日~1月26日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク