厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年2月23日号 エリアトップへ

熱意の命ずるままに (有)加美屋

社会

掲載号:2018年2月23日号

  • LINE
  • hatena

 みそ工房なずなの扉を開けると、麹のにおいがぷんとする。出迎えてくれるのは、創業当時から変わらぬピンクの頭巾と割烹着、もんぺ姿の新藤悦子さん(71)だ。

 なずなは今から14年前、地域経済の活性化を目的とした新規事業を応援する、厚木市のビジネスプランコンテストでの優勝をきっかけに誕生した。恩名で代々続く農家に嫁ぐ前から、新藤さんが当たり前に行ってきたみそ作り。夫とともに近隣の小学校で稲作を教え、田んぼで振る舞う自家栽培野菜たっぷりのとん汁に、素直に感動する子どもたちの姿を見て「本物の味がわかるのなら、もっと自然の良さを伝えたい」と、思いは固まった。

 月に2度の仕込みでできるみそは500kg、通学路の途中にあることから顔見知りになった東京農大の学生も手伝ってくれる。栄養価の高い南米産の雑穀、キヌアを使った新商品も、学生のアイデアから生まれたものだ。「とにかく人のご縁に恵まれたのね」と新藤さんは笑顔を浮かべる。

 添加物が一切無いため、いたってシンプルななずなの商品ラベルの裏には、感謝の念とたゆまず続けてきたみそ作りへの情熱が詰まっている。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

県人会チャリティー

県人会チャリティー 文化

6月12日 市文化会館

5月20日号

元気にプレー

グラウンド・ゴルフ

元気にプレー スポーツ

ウクライナへの募金も

5月20日号

田植えにチャレンジ

田植えにチャレンジ 社会

昔ながらの方法で

5月20日号

20周年の節目祝う

20周年の節目祝う 文化

厚木市舞踊協会

5月20日号

こえだで工作体験

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 経済

―どなたでも参加できます―

5月20日号

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook