厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年5月11日号 エリアトップへ

ZOOM UP 感謝の心でいつまでも 米寿の弓道家 岡野いくさん(88)

文化

掲載号:2018年5月11日号

  • LINE
  • hatena
「精神を統一して、無心に打ち込めるのが良い」と岡野さん
「精神を統一して、無心に打ち込めるのが良い」と岡野さん

 ▽「わざわざすみませんね」。出迎えてくれたご婦人は、背筋がピンと伸び、立ち居振る舞いも美しい。3月に米寿を迎えた。夫と2人で暮らす旭町の自宅から東町スポーツセンターまでの約4Kmの道のりを、自転車を漕いで通う。昨年大腿骨を骨折したが2カ月半で退院。今もこれまで通り週2回弓を引いている。「弓道をやっているから、家に引きこもらないおかげで元気に過ごせるのかしらね」。33年間この『道』を追い続け、ねんりんピックにも2回出場。その腕前は、錬士五段だ。

 ▽茨城生まれ。空襲を生き延び、結婚して厚木へ。一男一女に恵まれた。手が離れて時間ができると、たまたまテレビで観た弓道に心惹かれ、すぐに門を叩いた。先生や仲間に誘われ、初めて行った箱根の射会で優勝。みるみるその魅力にはまり、各地の道場に足を運んだ。「ありがたいことに、すべて素敵な仲間に恵まれたからね。歳も住まいも色々な、みんなのおかげで毎日が幸せなの」とほほ笑む。

 ▽弓道場に来ると国旗に「心からのあいさつ」をし、弁当を仲間と囲み夕方まで弓を引き、再び国旗にあいさつをして帰る。「人生のお手本なんです」と、彼女の周りには歳の離れた弓道仲間の輪が自然にでき、笑顔が絶えない。「体が動く限り続けたい」という弓道のほかにも、週に1日健康体操「自彊術(じきょうじゅつ)」にも通う。気になる食生活はというと「肉が好き」。野菜とのバランスが重要なのだそう。会話の端々に溢れる感謝の心。何度も「先生や仲間、まわりの人に感謝の気持ちを伝えたい」と話した。この心構えもきっと健康の秘訣。今日も静かな弓道場に、キリキリと弓を引く音が聞こえる。

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

ワンだふるな写真を展示

ワンだふるな写真を展示 社会

11月10日まで 「あつめ木」

10月22日号

高速大容量に環境整備

神奈川工科大

高速大容量に環境整備 教育

第1期竣工祝う

10月22日号

平和の尊さを後世に

平和の尊さを後世に 社会

清川で二つの企画展

10月22日号

治療と仕事の両立をサポート

治療と仕事の両立をサポート 社会

(一社)がんと働く応援団

10月22日号

ざる菊 色鮮やかに

ざる菊 色鮮やかに 文化

5000株が見ごろ

10月22日号

愛犬としつけを学ぼう

愛犬としつけを学ぼう 教育

11月13日に教室実施

10月22日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook