厚木版 掲載号:2018年6月15日号
  • googleplus
  • LINE

伝え、繋ぐ日本の風習 門出を彩る結納品

文化

松竹梅や鶴亀など豪華な装飾品が付いた熨斗が、寿ぎの場を華やかにする
松竹梅や鶴亀など豪華な装飾品が付いた熨斗が、寿ぎの場を華やかにする
 「6月の花嫁は幸せになれる」とは、ヨーロッパで始まったジューンブライドの言い伝え。一方、結婚に関する日本独自の伝統文化といえば、両家が新たな縁を結ぶために執り行う「結納」が挙げられる。厚木市東町で「御結納品一式」を扱う磯田屋商店を訪ねた。

 柳田正夫さん(68)で3代目の同店は、現店舗と同じ場所で1909(明治42)年に創業。日用品や雑貨、ふるいなどを作って商う店で、結納品を扱うようになったのは父の代から。「(父は)達筆だったから、目録書きに活かしたかったのかな」と懐かしむ。

 結納品は、勝男節(=鰹節)や寿留女(=スルメ)、子生婦(=昆布)など、おめでたい字をあてた縁起物を、一般的には9品目、男性側が用意する。柳田さんは子どもながらに、来客の多さで「その日が大安なんだなと気づいた」と言い、今から20年ほど前が最盛期だったと振り返る。

*  *  *

 高校卒業と同時に跡を継ぎ、父の商売の仕方を見て覚えた柳田さん。結納の形式を尋ね、最上ランクで約3万円、求めやすいものだと1万5千円から2万円ほどの数種類から、希望に添った結納品を提案する。結納当日に持参する手土産にもアドバイスを加えるなど、「人生の晴れの日に使うものを商っているので、心から幸せになってほしいと願っています」と細やかな心配りを忘れない。

 結納品は簡略化するなら7、5、3品と割れない数にすること、慶事にふさわしくない言葉遣いに細心の注意を払うなど、柳田さんは古くから守られてきた決まりごとの意味を理解し、後に伝えていきたいと願う。

 「旅先で同業の店を見つけては、その土地の慣習を知るのが楽しい」という柳田さん。北海道では市場へ行き、スルメや昆布を仕入れたりもする。ちなみに無事に出番を終えた結納品は、節目の時に家族で囲み、思い出すことが好ましいそうだ。

秋の特別金利キャンペーン

預入金額300万円以上5,000万円以下の新規のお客様限定で年0.40%

http://www.daiwa.jp/campaign/1809dnb/

”生きる力”は友だちから

10月2日(火)運動会(幼稚園園庭にて)9:15~、見学はいつでもできます

http://www.showa-kinder.jp

<PR>

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

盤上の静かなる戦い

盤上の静かなる戦い

囲碁将棋大会の参加者募集

9月30日~9月30日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市役所新設について

    市役所新設について

    神奈川県議会議員 佐藤知一

    9月21日号

  • 民法について

    〜専門家コラム〜「生活に役立つ知っておきたいこと」【2】

    民法について

    〜債権・契約に関する規定大改正〜

    9月21日号

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク