厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年6月22日号 エリアトップへ

児童虐待相談29%増 警察、学校の通告増える

社会

掲載号:2018年6月22日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県が6月1日に発表した、昨年度の県が管轄する5カ所の児童相談所の虐待相談受付件数によると、厚木児童相談所の相談件数は1202件で、前年より29・2%増(272件増)だったことが分かった。厚木児童相談所の管轄は、厚木市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村の6市町村。政令指定都市(横浜市、川崎市、相模原市)と児童相談所設置市の横須賀市を除いた県内の相談件数は4190件で過去最多。前年と比較すると19・2%増(676件増)だった。

 相談内容は、心理的虐待が全体の半数を占める。心理的虐待とは、子どもへの暴言や兄弟間の差別、子どもの目の前で親同士が暴力を振るうなど。次に身体的虐待、保護の怠慢ないし拒否、性的虐待と続く。

 県福祉子どもみらい局によると、「相談件数の増加は悪いことではなく、虐待の疑いがあれば、通告する義務があるということを県民が理解してくれているということ。昨年度は、警察や学校などの関係機関からの通告が多かったのが特徴」と分析する。

 6月に東京都目黒区で起きた女児虐待の事件では、転居のケースが取り沙汰されている。県では「転居の場合必ず訪問するが、子どもに会えない場合もある。状態が心配される場合は、警察などと協力して会うようにしている」と話す。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

県人会チャリティー

県人会チャリティー 文化

6月12日 市文化会館

5月20日号

元気にプレー

グラウンド・ゴルフ

元気にプレー スポーツ

ウクライナへの募金も

5月20日号

田植えにチャレンジ

田植えにチャレンジ 社会

昔ながらの方法で

5月20日号

20周年の節目祝う

20周年の節目祝う 文化

厚木市舞踊協会

5月20日号

こえだで工作体験

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 経済

―どなたでも参加できます―

5月20日号

園児募集中です!

厚木市岡田に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook