厚木版 掲載号:2018年6月29日号
  • LINE
  • hatena

”内定”めざしゲームで就活 東京工芸大で支援講座

教育

ゲームを開発した講師の小野田純二さん(写真中央)のアドバイスを受けながらプレイする学生たち=6月21日・東京工芸大厚木キャンパス
ゲームを開発した講師の小野田純二さん(写真中央)のアドバイスを受けながらプレイする学生たち=6月21日・東京工芸大厚木キャンパス

 東京工芸大学厚木キャンパスで6月21日、工学部電子機械学科の2年生を対象とした就職活動支援講座が開かれた。就活を模擬体験できるボードゲーム『就カツ!』を使った、国内の大学で初めての講座。

 『就カツ!』は、2級キャリアコンサルティング技能士の国家資格を持つ小野田純二氏が開発。「協調性」や「自己表現力」等5項目で異なる能力値を持つプレーヤーが、「企業説明会に参加」や「キャリアコンサルタントに相談」などの行動を選択・経験することで能力値を増やし、希望の企業から内定を得るまでを、ゲームで体験できる。

 学生が”聞くだけ”の従来の就活セミナーでは、活動開始までの時間や有用性に個人差が生じやすいことを懸念し、「若年層に受け入れられやすいゲームで、初めの一歩を後押ししたかった」と、同学科の安田洋司助教が企画した。

 1組4人、11チームに分かれてゲームを始めた学生45人は、「自己理解」や「企業研究」など、初めて直面するさまざまな就活内容に戸惑いながらも、”内定”に必要なことを学んでいった。

 山田友里さんは「就職活動はまだ手つかず。ゲーム感覚で楽しく学べたことで、早めに行動したほうが良いということがすんなり理解できた」と感想を話した。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

見て触れる最先端技術

見て触れる最先端技術

4月20日 NTT研究開発センタ

4月20日~4月20日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク