厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年7月20日号 エリアトップへ

地域の子育て応援団 「自分を愛し、子を愛す」 IM心理カウンセリング研究所代表・市川美紀子さん

教育

掲載号:2018年7月20日号

  • LINE
  • hatena

 ▽「子どもは育てたように育ちます」と語るのは、IM心理カウンセリング研究所(市内船子)の代表・市川美紀子さん(63)。2015年3月に中学の校長を退職後、すぐに研究所を立ち上げた。自身も子育て経験者。「もっと力を抜いて、こうすればよかった」との思いがあったからこそ、「お母さんたちの力になりたい」と「子育て応援団〜輝くママたちのために〜」のワークショップを月2回、アミューあつぎを中心に開催している。

 ▽臨床心理カウンセラーと臨床心理療法士の資格を持つ市川さん。23歳のとき、担任した女子生徒が自殺を図った。「その日、私のところに話に来たんです。もっと自分に力があれば」と悔やみ、教員として勤める傍ら大学へ通い、心理学の勉強に励んだ。カウンセリングでは、「とにかく聞くことが大切」と優しい眼差し。その後、ボランティアで心理カウンセリングを始めた。「保護者や教え子から相談されることが多かった。受け皿になることを心がけた」と当時を振り返る。

 ▽幼少期から音楽の道を志すも、高校時代に指を怪我し、夢半ばに断念。「跳び箱もスイミングもできなかった」が、苦手だった体育の道へあえて飛び込んだ。「できない子の気持ちがわかると思った」と、東京女子体育大学卒業後は、中学の体育教師となった。「スポーツは科学。“できない”には原因がある。克服することで、生徒に達成感を味あわせてあげたかった」。

 ▽28歳で結婚し、翌年に長女を出産。1年で職場に復帰、朝7時から夜9時まで保育所に預けることもあった。5年後には長男が誕生。「息子にはいまだに“寂しかった”と当時のことを言われます」と吐露。「母親としては限りなく0点かも」と苦笑いするも、「仕事と子育ての両立は自分で選んだ道」とやり通した。

 ▽子育てにおいて「骨太の自我」が大切と力説する。そのためには「身の丈を知り、自分を愛すること。そうすれば我が子を愛することができる」。子育てを終え、教職も全うし、カウンセラーとしてママたちの心のケアに奔走する。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

可愛い寅 大集合

可愛い寅 大集合 社会

愛川郵便局で展示

1月21日号

はやぶさ1部昇格決定

はやぶさ1部昇格決定 スポーツ

次戦シーズン全勝めざす

1月21日号

商業活性化や賑わいを推進

商業活性化や賑わいを推進 経済

(一社)厚木市商店会連合会会長 齊藤 裕

1月21日号

情報を共有し更に強い商店会へ

情報を共有し更に強い商店会へ 社会

あいちゃん商店会会長 高橋和仁

1月21日号

譲り合いの心で交通事故防止

譲り合いの心で交通事故防止 社会

厚木警察署管内交通安全協会会長 笹生準一

1月21日号

無病息災祈りどんど焼き

ムツアイホーム

無病息災祈りどんど焼き 文化

「早く平穏な日常に」

1月21日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 新政あつぎ

    意見広告

    新政あつぎ

    無所属 厚木市議会会派

    1月14日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook