厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年7月27日号 エリアトップへ

厚木市 熱中症搬送1週間で40人 7月23日には今夏最高36・9℃

社会

掲載号:2018年7月27日号

  • LINE
  • hatena
いつもは親子連れや涼を求める人でにぎわう厚木中央公園も、この暑さでひと気がない(7月24日午後1時30分撮影)
いつもは親子連れや涼を求める人でにぎわう厚木中央公園も、この暑さでひと気がない(7月24日午後1時30分撮影)

 全国的な猛暑が続く今年の夏。埼玉県熊谷市で日本歴代最高の41・1℃を記録した7月23日、厚木市でも今年最高の36・9℃を記録(市消防本部気象観測装置調べ)。猛暑の影響で市消防本部では、7月18日から24日の1週間に40人が、熱中症の症状を訴え救急搬送されたと発表した。

(7月24日起稿)

 今年4月30日から、熱中症に係る救急搬送状況をとりまとめる市消防本部では、4月が1人、5月が4人、6月が6人、7月に入り66人と急激に増え、7月24日現在、合計77人に上る。特に18日から24日の1週間は40人で、昨年の同週の5人と比較すると、8倍に増加。昨年10月までの合計68人をすでに超えている。

 年齢区分別に見ると、少年(満7歳以上満18歳未満)が14人で18・2%、成人(満18歳以上満65歳未満)が42人で54・5%、高齢者が21人で27・3%となっている。

 消防本部によると主な原因は、少年が部活動や土日の練習などによるもの、成人は建築業など日陰のない屋外での仕事によるもの、高齢者はエアコンのない部屋の中や日課のウォーキングなどによるものが挙げられるという。

 傷病程度は、重症(3週間以上の入院加療を要する)が1人で1・3%、中等症(入院を必要とし重症に至らない)が32人で41・6%、軽症(入院を要しないもの)が44人で57・1%だった。

熱中症になった場合の対処法は

 熱中症とは、温度や湿度が高い中で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときにはけいれんや意識の異常など、様々な障害を起こす症状のこと。

 熱中症になってしまった場合の対処方法は、まず涼しい場所や日陰のある場所へ移動し、衣服を緩め、安静に寝かせる。次にエアコンをつける、扇風機・うちわなどで風をあて、体を冷やす(首の周り・脇の下・太もものつけねなど太い血管の部分)。

 なお、厚木市では2016年8月9日に観測史上最高の38・2℃を記録している。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

厚木管内は搬送倍増

熱中症

厚木管内は搬送倍増 社会

エアコンなど対策を

8月12日号

SDGsパートナー設立

厚木市

SDGsパートナー設立 社会

第1期を募集開始

8月12日号

コロナ専用病床を拡大

厚木市立病院

コロナ専用病床を拡大 社会

感染者増加に対応

8月5日号

謎の土器主役に特別展

謎の土器主役に特別展 文化

あつぎ郷土博物館

8月5日号

全国大会出場へ

厚木清南高校定時制

全国大会出場へ スポーツ

サッカー・バドミントン部

7月29日号

地元からの贈り物

野球部に手作りリヤカー

地元からの贈り物 教育

7月29日号

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook