厚木版 掲載号:2018年9月28日号
  • LINE
  • はてぶ

福井国体女子バレー 松蔭大が初出場 宿敵・群馬を破り関東3位に

スポーツ

後列左から時計回りに牛頭七海、齋藤伊織、多田野さくら、佐藤未羽、岡田早織、藤井莉子、宮崎芽伊、榎本里歩、長野有紗、古谷ちなみ、澁川小夏、古屋祐美の各選手
後列左から時計回りに牛頭七海、齋藤伊織、多田野さくら、佐藤未羽、岡田早織、藤井莉子、宮崎芽伊、榎本里歩、長野有紗、古谷ちなみ、澁川小夏、古屋祐美の各選手
 第73回国民体育大会(福井しあわせ元気国体)のバレーボール成年女子の県代表として、松蔭大学(市内森の里)が初出場する。8月下旬の関東ブロック大会で、3年連続敗北を喫してきた群馬銀行グリーンウイングスに勝ち、念願の切符を手に入れた。

 同部は現在、全90チーム、8部からなる関東大学リーグの1部に所属。今年7月のアジア東部地区選手権で日本代表として戦い、MVPを受賞したエースアタッカーの古谷ちなみキャプテン(4年)を中心に、「拾ってつないでエースが決める」のが持ち味だ。大学リーグの平均身長174cmに対し、同部のレギュラーは169・5cm。白井大史監督(53)は、「高さやパワーで劣る分、サーブや、セッターへの返球など正確性を高めることで地道に得点を積む。目標に対する取組みがひたむきな選手たち」と話す。

 1都7県の8チームが3つのイスを争う関東ブロック大会は、トーナメント方式で戦った。初戦は山梨中央銀行に2―1で勝利したが、続く日立リヴァーレ(茨城代表)戦に2―0で敗れ3位決定戦へ。相手は、2015年〜17年まで苦杯をなめさせられた、V2リーグ所属の群馬銀行グリーンウイングス。4年生は1年時から越えられなかった壁を今回初めて打ち破り、日立、上尾メディックス(埼玉代表)とともに国体出場を決めた。

 初戦は10月5日(金)、東海ブロック代表のJAぎふリオレーナ戦。古谷キャプテンは「まずは1勝。勝ち進むほど強いチームと当たれるので死にもの狂いで戦う」と闘志を燃やす。

厚木版のトップニュース最新6件

日々の移動 もっと便利に

地域コミュニティ交通

日々の移動 もっと便利に

11月16日号

「やってみたい」が集合

築55年緑ヶ丘団地

「やってみたい」が集合

11月16日号

国内最大の災害訓練施設開所

パフォーマー10組が初登場

市民と振り返る10年

セーフコミュニティ

市民と振り返る10年

11月2日号

地域文化の拠点 40周年

厚木市文化会館

地域文化の拠点 40周年

11月2日号

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月16日号

お問い合わせ

外部リンク