厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

厚木市 スマホはいつから持たせる? 子育てコミュニティトーク

教育

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市内で子育て中の保護者が、小林常良市長や曽田高治教育長らと、子育て支援や子どもたちの安心・安全などを中心に意見交換を行う「子育てコミュニティトーク」が10月15日、アミューあつぎで行われた。

 同トークは、認可保育所園児、幼稚園児、小・中学校の保護者が対象。この日は、厚木、厚木第二、相川、戸田、愛甲、戸室、緑ケ丘、南毛利の8つの小学校の代表保護者が1人ずつ参加した。

 意見交換のテーマは、「地域での子育て支援について」と、「子どもを守るための家庭での取組について」の2つ。

 共働き世帯の増加や核家族化が進む中、地域でのふれあいやつながりについて、それぞれの地域のこども会や自治会への参加理由などを発表した。

 また、パソコンやスマホが身近にある現代において、SNSに関するトラブルから子どもを守るための対応なども話し合われた。スマホを持たせる時期については、「自分で稼げるようになってから」や、「熱中するものがあればスマホは必要ないのでは」、「中学になると部活の連絡等で必要になるかも」など、さまざまな意見があがった=写真。

 佐後(さのち)佳親学校教育部長は、「スマホを持たせるときには、家庭でのルールづくりが必要になる」と話した。

 なお同トークは、10月22日(月)、24日(水)、26日(金)にも行われる予定。

 厚木市では、今年度の一般会計のうち、子どものために使う予算を約213億円(24・7%)計上している。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

少年球児 48人が卒団

少年球児 48人が卒団 スポーツ

厚木市少年野球協会

1月17日号

細野区が5連覇達成

細野区が5連覇達成 スポーツ

愛川町一周駅伝

1月17日号

中学生の美術作品を展示

中学生の美術作品を展示 教育

21日までアミューあつぎ

1月17日号

「ともに生きる」 を考えよう

「ともに生きる」 を考えよう 社会

ライブと講演

1月17日号

たくさんのレガシーを子どもたちに

たくさんのレガシーを子どもたちに 教育

厚木市教育委員会教育長 曽田高治

1月17日号

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 経済

―どなたでも参加できます―

1月17日号

支え合う地域づくり

支え合う地域づくり 社会

社会福祉法人厚木市社会福祉協議会会長 神保忠男

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク