厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月19日号 エリアトップへ

厚木市 スマホはいつから持たせる? 子育てコミュニティトーク

教育

掲載号:2018年10月19日号

  • LINE
  • hatena

 厚木市内で子育て中の保護者が、小林常良市長や曽田高治教育長らと、子育て支援や子どもたちの安心・安全などを中心に意見交換を行う「子育てコミュニティトーク」が10月15日、アミューあつぎで行われた。

 同トークは、認可保育所園児、幼稚園児、小・中学校の保護者が対象。この日は、厚木、厚木第二、相川、戸田、愛甲、戸室、緑ケ丘、南毛利の8つの小学校の代表保護者が1人ずつ参加した。

 意見交換のテーマは、「地域での子育て支援について」と、「子どもを守るための家庭での取組について」の2つ。

 共働き世帯の増加や核家族化が進む中、地域でのふれあいやつながりについて、それぞれの地域のこども会や自治会への参加理由などを発表した。

 また、パソコンやスマホが身近にある現代において、SNSに関するトラブルから子どもを守るための対応なども話し合われた。スマホを持たせる時期については、「自分で稼げるようになってから」や、「熱中するものがあればスマホは必要ないのでは」、「中学になると部活の連絡等で必要になるかも」など、さまざまな意見があがった=写真。

 佐後(さのち)佳親学校教育部長は、「スマホを持たせるときには、家庭でのルールづくりが必要になる」と話した。

 なお同トークは、10月22日(月)、24日(水)、26日(金)にも行われる予定。

 厚木市では、今年度の一般会計のうち、子どものために使う予算を約213億円(24・7%)計上している。

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

シトラスリボン運動PR

シトラスリボン運動PR 社会

愛川町社協

10月15日号

女性を元気に

女性を元気に 社会

シミケア専門店SAKURA 梅原さん

10月15日号

待ちわびた再開

待ちわびた再開 社会

夕焼け市・厚木市民朝市

10月15日号

最終節3連勝で3位に

厚木SC

最終節3連勝で3位に スポーツ

ソフト日本リーグ3部

10月15日号

ポリオ根絶を願って

ポリオ根絶を願って 社会

市内4ロータリーが啓発

10月15日号

「復活の台地」が優秀企画賞

愛川町動画

「復活の台地」が優秀企画賞 社会

映文連アワード2021

10月15日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook