厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

ZOOM UP 地域の発展と安心な暮らしのために (一社)県建設業協会県央支部 岡見健(たけし)支部長(64)

経済

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
柔和なまなざしで語る岡見支部長
柔和なまなざしで語る岡見支部長

 ▽建設業法許可を受けた厚木・綾瀬・愛川・清川の建設業者51社が所属する(一社)神奈川県建設業協会県央支部。今年4月から10代目の支部長として指揮を執る。「建設業を通じ、地域社会の発展と安心で快適な暮らしに貢献すること」をめざし、1950年に神奈川県建設業協会としてスタート。業務内容は、公共施設や道路、橋などの建設や維持管理をはじめ、県道の歩道に段差がないか、ガードレールを作る必要はあるかなどを見て回る「地域巡回パトロール」にも力を入れる。同パトロールでは、県に対し100項目以上の提案をすることもあるという。「地域防災の守り手としての一番の役目」ときっぱり。

 ▽自然災害が多発している昨今、いつ県央エリアで災害が起こるかわからない。「台風や地震などの自然災害が発生したとき、いち早く復旧作業に取りかかれるようにしたい」と語る。また、次世代の担い手を確保するため、建設業のイメージアップをねらった「建設フェスタ」への協賛も行っている。

 ▽創業126年、(株)小島組の代表取締役社長を務める。29歳で入社してから営業職などを経て、8年前に社長に就任。「これまで、公共工事を中心に請け負ってきたが、今は圧倒的に民間工事が多い。お客様第一に、地域社会貢献をめざしていく」と方針を語る。

 ▽4人兄弟の末っ子として育った。いたずらっ子で、何でも興味のある子ども時代。26歳で結婚し、娘が2人。今では3人の男の子のおじいちゃん。「孫はかわいいけど、一緒に遊ぶと疲れるね」と目じりを下げる。「どの仕事でも一番でないと。そのために努力している」。常に向上心を持ち、前へ進む背中は大きい。

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

シトラスリボン運動PR

シトラスリボン運動PR 社会

愛川町社協

10月15日号

女性を元気に

女性を元気に 社会

シミケア専門店SAKURA 梅原さん

10月15日号

待ちわびた再開

待ちわびた再開 社会

夕焼け市・厚木市民朝市

10月15日号

最終節3連勝で3位に

厚木SC

最終節3連勝で3位に スポーツ

ソフト日本リーグ3部

10月15日号

ポリオ根絶を願って

ポリオ根絶を願って 社会

市内4ロータリーが啓発

10月15日号

「復活の台地」が優秀企画賞

愛川町動画

「復活の台地」が優秀企画賞 社会

映文連アワード2021

10月15日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook