厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年10月26日号 エリアトップへ

「命あるかぎり印刷屋」 厚木市の技能功労者表彰者 山田 勝さん(81)

文化

掲載号:2018年10月26日号

  • LINE
  • hatena
長年にわたる交通指導員としての活動で、県や県警からも表彰されている山田さん。現在の主力選手、オフセット印刷機とともに=10月19日
長年にわたる交通指導員としての活動で、県や県警からも表彰されている山田さん。現在の主力選手、オフセット印刷機とともに=10月19日

 職歴67年の大ベテラン、昭和41年創業の(有)浅間山印刷(温水)の代表取締役・山田勝さんは、中学卒業後から印刷一筋に歩んできた。叔父が営む印刷会社で基礎を学びながら修業し、秦野や小田原など自ら探した仕事先で技術を磨く。(株)協和印刷に約5年務めたのち、社長から活版印刷機を譲り受け、29歳で独立した。

※   ※

 田園風景が広がり、企業も「点在」していた程度の当時、納品書や領収証など伝票類の注文がはじめの一歩。そのうちに周辺に工場が増え、主力だった活版印刷に代わり、印刷データをコンピュータで処理するオフセット印刷へと切り替わっていった。「活版は、活字を組む技術も手間も要るし、オフセットの方が格段に速い。けれど温かみのある文字がいいんだよ」と山田さん。未だ現役のドイツ製活版印刷機「プラテン」と、スイス製オフセット印刷機を巧みに操り、現在は地元のピアノ教室のプログラムや記念誌、チラシなどおよそ50種類の印刷物を手がけている。

※   ※

 朝9時にラジオのスイッチを入れ、晩酌を楽しみに立ちっぱなしで6時間。「仕事ができることはありがたい。命あるかぎり続けたい」―。刷り上がった品物を納める時が一番うれしい、とカメラを向けると固まってしまう表情も、この時ばかりはほころんだ。

給食袋やマッチ袋など、オフセット印刷では刷れないものに使う、メイドインドイツの「プラテン」
給食袋やマッチ袋など、オフセット印刷では刷れないものに使う、メイドインドイツの「プラテン」

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

シトラスリボン運動PR

シトラスリボン運動PR 社会

愛川町社協

10月15日号

女性を元気に

女性を元気に 社会

シミケア専門店SAKURA 梅原さん

10月15日号

待ちわびた再開

待ちわびた再開 社会

夕焼け市・厚木市民朝市

10月15日号

最終節3連勝で3位に

厚木SC

最終節3連勝で3位に スポーツ

ソフト日本リーグ3部

10月15日号

ポリオ根絶を願って

ポリオ根絶を願って 社会

市内4ロータリーが啓発

10月15日号

「復活の台地」が優秀企画賞

愛川町動画

「復活の台地」が優秀企画賞 社会

映文連アワード2021

10月15日号

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook