厚木・愛川・清川版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

団地活性化 学生の視点で 緑ヶ丘でプロジェクト

社会

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena
模型を使って説明する学生(右)
模型を使って説明する学生(右)

 築55年の緑ヶ丘団地で11月23日と24日の2日間、団地の活性化をめざしたイベント「ミドラボ オープンハウス2018」が開催され、地域住民などが多数来場した。

 このイベントは、同団地を管理する神奈川県住宅供給公社と、地元の東京工芸大学が主催。今年1月に連携協定書を締結して以来、居住者の高齢化や空き家などの課題を抱えている同団地を活性化させようと、取り組みを進めてきた。

 両日とも団地内の空き家4室を使って、同大学建築学科の学生によるリデザイン作品展を開催。授業の実習で取り組んだ、団地の空間構成の再編アイデアをパネルや模型を使って展示した。

 3年生の新井小春さん、泉明誓さん、榎本玲香さんのグループは、北側にある玄関を、南側に変えた住戸プランを展示。日が差し込む明るい南側に住民が集う生活空間を確保することで、隣人同士の付き合いの活発化をねらった。新井さんは「(展示をすることで)住民の方の生の声を聞くことができて、勉強になった。社会に出る前に経験ができてよかった」と感想を話した。

 また、同イベントでは、講演会やミニパーティー、NPO法人「結の樹よってけし」による特設マルシェなども開かれ、参加者同士で親睦を深めた。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「チャンスつかむため懸命に生きて」

依知南小

「チャンスつかむため懸命に生きて」 教育

池谷直樹さん招き命の授業

2月14日号

厚木市で初の略式代執行

厚木市で初の略式代執行 社会

空き家総数減に向け対策

2月14日号

せんみ凧 高く青空へ

せんみ凧 高く青空へ 文化

玉川小で恒例の大会

2月14日号

奥山佳恵さん愛川へ

奥山佳恵さん愛川へ 社会

町社協が福祉講演会

2月14日号

地元の逸品で賞品ゲット

地元の逸品で賞品ゲット 社会

愛川でスタンプラリー

2月14日号

にゃんこの写真展

革工芸を体験

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

又村一門 展覧会

又村一門 展覧会

20日からアミューあつぎで

2月20日~2月25日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク