厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

ZOOM UP 健康の秘訣は「力強い吟」 詩吟神風流さつき会の吉岡神敏会長と佐藤晃風さん

文化

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
吉岡神敏会長(右)と佐藤晃風さん
吉岡神敏会長(右)と佐藤晃風さん

 ▽乃木希典の『爾霊山(にれいさん)』を流れるように吟じ、1月27日に渋谷区文化総合センターで開かれた「第50回全国吟詠コンクール決勝大会」一般独吟の部で準優勝に輝いた佐藤晃風(こうふう)(82・中荻野)さん。独吟の部は、制限時間2分以内に吟題を吟じ、詩情の表現や音程、声量、迫力などで採点される。同大会には、東京や千葉、埼玉など都県大会上位者の16人が参加。佐藤さんは最高齢で、格上の人もいる中、1400人もの観客を前に「緊張した。人生も峠にさしかかり違った世界が開けた」と笑顔で受賞の喜びを語る。同大会へは4年前にも出場しており2度目の挑戦、雪辱を果たした。

 ▽佐藤さんは、27年間務めた国鉄を51歳で早期退職し、「くちびるに歌をもて」をモットーに、生きがいの感じるものをやろうと、カラオケに民謡、そして詩吟に出会った。10年ほど前、詩吟神風流さつき会(吉岡神敏(しんびん)会長・91)に入門。「佐藤さんは熱意があり、感性のある方」と吉岡会長も太鼓判を押す。佐藤さんは、「素晴らしい先生と仲間に恵まれ幸せ。熱心に指導していただいているので、こちらも一生懸命にやらないと」と身を引き締める。

 ▽厚木市内には4つの神風流があり、中でも吟の強さや独特の節回しが特徴のさつき会。2007年に立ち上げ、現在メンバーは10人。毎週水曜日、温水自治会館で和気あいあいとした雰囲気の中、活動している。「健康の秘訣は、詩吟と仲間。気持ちを若くもっています」とはっきりした口調で話す吉岡会長。弟子は15人ほど。北原白秋の「五十音」で発声練習を行い、一人ひとり吟を発表する。吉岡先生と佐藤さん共に声をそろえるのは「健康第一」。力強い吟に、“生涯現役”だと感じた。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

拉致問題を知って

拉致問題を知って 社会

清川で16日に映画会

11月15日号

福を呼び込め

福を呼び込め 文化

大鷲神社で酉の市

11月15日号

東邦興産が銅賞

東邦興産が銅賞 社会

交通事故防止に貢献

11月15日号

町長が直接メッセージ

町長が直接メッセージ 教育

愛川東中で特別授業

11月15日号

アミューでがんサロン

アミューでがんサロン 社会

11月17日 ティールボンボン

11月15日号

障がい者が公園清掃

障がい者が公園清掃 社会

「可能性を広げられれば」

11月15日号

最期まで自分らしく

最期まで自分らしく 社会

11月22日に講演会

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク