厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

厚木市長選挙 小林市政「4期目」へ 投票率は40.60%

政治

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
支援者から花束を受け取り、声援に応える小林氏(左)
支援者から花束を受け取り、声援に応える小林氏(左)

 任期満了に伴う厚木市長選挙は2月17日、投開票が行われ、現職の小林常良氏(69)が、新人で元市議の石射正英氏(65)、新人で元県議の佐藤知一氏(49)を破り、4選を果たした。

 午後11時過ぎ、中町の事務所に当選確実の報が入ると、大きな拍手の中、小林氏が姿を見せ、支援者とともに万歳で勝利を祝った。小林氏は感謝を述べるとともに、「市民の皆さんに良識あるご判断を頂いた。なお一層、自分を律しながら、真剣に粛々と仕事をさせて頂くということに尽きる」と決意を誓った。

 選挙戦を振り返り、小林氏を支えた、選挙対策本部長の小島一郎氏は「最初は自粛条例があって不安だったが、市民の皆さんが、過去の実績を評価してくれ、良識ある判断をしてくれた。実績やこれからの方針を掲げることで、まっすぐな選挙活動ができた」と振り返った。

 また、連合後援会会長の大久保盛造氏は「行政経営革新度調査で日本一、子育て環境全国3位など、小林市長の誠実なる実績は、誰にでもできることではない」とし、「市民のために全身全霊でやってきた。その姿勢のまま、取り組んでほしい」と4期目に期待を寄せた。

多選自粛条例「これから考える」

 今回の市長選では「多選の是非」に注目が集まった。12年前の市長選で小林氏は、4期目をめざす現職(当時)の多選による弊害を指摘し初当選。その後、市長就任1年目に、任期を3期12年までとする市長多選自粛条例を、自身が提案し制定した経緯がある。小林氏は「この条例の目的は清新で活力ある市政運営」と市民に理解を求め、今回の選挙戦に挑んだ。

 当選後、小林氏は「条例を制定した時の気持ちは今でもずっと持っているし、その気持ちを忠実に守ってきた」と話し、今後の条例の扱いについては、廃止や変更も視野に入れつつ「どのようにするのが良いのか、これから考えていきたい」と話した。

 また、4期目に向けては、「市総合計画であるあつぎ元気プランを続けていき、(選挙戦で提言した)7つの約束と125の具体政策を進めるために、邁進していきたい」と話した。小林市長の4期目の任期は、あす2月23日から4年間となる。

 なお、市長選の投票率は前回より2ポイント低い40・60%。投票者数は7万4831人で、前回より1684人減少した。
 

支援者にあいさつする石射氏(右)と佐藤氏
支援者にあいさつする石射氏(右)と佐藤氏

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

関係者らの想い実り再建

鳶尾山金毘羅神社

関係者らの想い実り再建 文化

焼失から68年ぶり

12月13日号

村おこしで快挙

清川村特産ソーセージ

村おこしで快挙 社会

日本IFFAで金賞

12月13日号

6基の新水槽が完成

あゆ種苗センター

6基の新水槽が完成 社会

5tの生産量増見込む

12月6日号

夢未市が10周年

JAあつぎ

夢未市が10周年 経済

今日から8日まで記念祭

12月6日号

和裁ひとすじ、半世紀

神奈川の名工

和裁ひとすじ、半世紀 文化

厚木市から軍司さんが受賞

11月29日号

小鮎小PTAが大臣表彰

小鮎小PTAが大臣表彰 教育

「地域とのつながり」評価

11月29日号

荻野で2度目の実証運行

厚木市

荻野で2度目の実証運行 社会

「地域コミュ交通」実現へ向け

11月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月13日0:00更新

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク