厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

せんみ凧 玉川の空に舞う 小学校で凧揚げ大会

教育

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena
風が乏しい中、勢いよく駆け出して凧を揚げる児童
風が乏しい中、勢いよく駆け出して凧を揚げる児童

 市立玉川小学校(高澤崇校長)で「せんみ凧揚げ大会」が2月8日に行われ、16人の6年生が凧揚げに挑戦した。

 玉川小では2006年度から、6年生が卒業制作として、せんみ凧作りを行っている。地元の「玉川せんみ凧保存会」の5人の師匠の協力で、昨年10月から13回の授業を行い、準備を重ねてきた。

 せんみ凧の大きさは横80cm、縦33cmほど。当日は、風が乏しく、揚げるのに悪戦苦闘する児童が目立ったが、空高く凧が舞うと、児童には満面の笑みが浮かんだ。小島彩華さんは、「予想よりも高く上がった。良い思い出になった」と話すと、内田孝亮君は「師匠や友達に『最初から糸を長くして走れ』とアドバイスをもらったら、高く揚げられた」と振り返った。

 師匠の1人でもある同会の前場政行会長は「風がなかったのが残念」と凧揚げを振り返るも、「今年のテーマは『人に頼らず、自分の力で最後まで作る』。みんなの完成を嬉しく思う」と話した。

児童が作ったせんみ凧
児童が作ったせんみ凧

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

拉致問題を知って

拉致問題を知って 社会

清川で16日に映画会

11月15日号

福を呼び込め

福を呼び込め 文化

大鷲神社で酉の市

11月15日号

東邦興産が銅賞

東邦興産が銅賞 社会

交通事故防止に貢献

11月15日号

町長が直接メッセージ

町長が直接メッセージ 教育

愛川東中で特別授業

11月15日号

アミューでがんサロン

アミューでがんサロン 社会

11月17日 ティールボンボン

11月15日号

障がい者が公園清掃

障がい者が公園清掃 社会

「可能性を広げられれば」

11月15日号

最期まで自分らしく

最期まで自分らしく 社会

11月22日に講演会

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク