厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年4月12日号 エリアトップへ

ZOOM UP 「壊れるくらい遊ぼう」 厚木おもちゃ病院会長 井川哲夫さん(75)

教育

掲載号:2019年4月12日号

  • LINE
  • hatena
おもちゃを修理する井川会長
おもちゃを修理する井川会長

 ▽おもちゃを無料で修理し、物や資源を大切にする心を伝えることで地域社会に貢献している「厚木おもちゃ病院」の5代目会長に就任した井川哲夫さん(飯山)。「生涯学習の一環として、自己の技術向上をめざし、次世代を担う子どもたちに科学的な興味を提供したい」と力説する。

 ▽厚木おもちゃ病院は、毎月第1、3日曜日に厚木市子ども科学館とアミューあつぎ、毎月第1木曜日に厚木ガスショールームリセでの定期的な活動のほか、市内児童館や市外への出張も行っている。昨年度は33カ所で開催し、設立の2011年から数えると680回にも及ぶ。最近、修理依頼の多いおもちゃは、ドローンやラジコン、電子回路仕掛けのもの。「まず電源関係を疑う。1つのおもちゃで2カ所壊れていることはないから」。これまで修理したおもちゃは約4000個。修理依頼は年々増えている。

 ▽おもちゃ病院の仕組みは、まさに病院そのもの。壊れたおもちゃを持っていくと、まず受付カルテを渡され、おもちゃの症状などの“問診”が行われる。その場で治るものは少なく、ほとんどが一時預かりの“入院”となる。預かり期間は最長2カ月で、修繕率は85%にも上る(部品代は実費)。所属会員22人が、それぞれの得意分野を活かし、機械系や電子系、縫製などを分担。お互いを“ドクター”と呼び合い、治った喜びを分かち合う良き仲間だ。「治ったおもちゃをお母さんと子どもが喜んで持って帰る姿を見ると嬉しいね」と目じりを下げる。

 ▽子どものころから物作りが好きで、定年後の余暇時間で社会貢献したかったという。「子どもたちには、お母さんに怒られても思った通りに、壊れるくらい遊んでほしい。壊れてもおもちゃは治せる。なぜ動かないか仕組みに興味を持ってみよう」とメッセージを送った。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

2支援センターが移転

2支援センターが移転 社会

荻野地域包括と障がい者相談

3月27日号

「赤い羽根に恩返し」

「赤い羽根に恩返し」 社会

厚木市飯山 つばき作業所

3月27日号

段ボールベッドを寄付

市消防設備安全協会

段ボールベッドを寄付 社会

避難所などで運用

3月27日号

あつぎ豚を園児に

あつぎ豚を園児に 社会

臼井農産が贈呈

3月27日号

廃材から厚木の街創作

子中保育園

廃材から厚木の街創作 教育

3月31日までミロードで展示

3月27日号

婚姻届記念証リニューアル

厚木市

婚姻届記念証リニューアル 社会

「メモリーポケット」仕様に

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

  • 3月6日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク