厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月1日号 エリアトップへ

めざすは地域コミュニティ拡大 学生ボランティア団体「ぼくら」

社会

掲載号:2019年5月1日号

  • LINE
  • hatena
整備する花壇を前にする水津代表
整備する花壇を前にする水津代表

 厚木市を拠点に高校、大学生で活動する学生ボランティア団体「ぼくら」。厚木中ボランティア部のОBを中心に2017年に結成した。会長を務めるのは水津颯さん(厚木東高3年)。団体は3年目を迎え、16人の会員で活動の幅を広げている。

 「ぼくら」の活動は主に環境系と福祉系の2つ。環境系は月1〜2度の花壇整備。市の道路里親制度を使って旭町の一角を季節の花で彩っている。本厚木駅周辺の清掃活動やオオキンケイギクの駆除活動なども行う。

 福祉系は、地域の居場所作りとして厚木南地区でコミュニティカフェを開催。「昨年、初開催のコミュニティカフェは『ぼくら』主催の活動。世代間交流として、とても勉強になった」と振り返る。

 そして、この地域コミュニティの構築・拡大こそ、今後「ぼくら」が進めたいことでもある。「地域のつながりの希薄さを感じる。地域のイベントなどでも、顔を合わせていれば災害をはじめ、いざという時にお互いを理解し合える。そのためにも、今開催しているコミュニティカフェがどんどん増えると面白い。ぼくらは地域包括ケアの一翼を担いたい」。今年は会員が受験などで活動が制限されそうだが、これからも意欲的に活動していく。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

冒険は新たなステージへ

冒険は新たなステージへ 社会

愛川町出身・荻田泰永さん

5月24日号

利用者から日々学ぶ

70歳で介護福祉士の資格を取得

利用者から日々学ぶ 社会

ひかりデイサービス荻野 松下龍三さん

5月24日号

ゲームで知る防災

愛川町六倉区

ゲームで知る防災 教育

地域で独自イベント

5月24日号

新浄瑠璃百鬼丸「かなりの自信作」

横内さん主宰劇団扉座公演

新浄瑠璃百鬼丸「かなりの自信作」 文化

6月16日 厚木市市文化会館大ホール

5月24日号

「まずは県2部昇格」

「まずは県2部昇格」 スポーツ

はやぶさイレブン・阿部敏之監督

5月24日号

厚木をキャンプ地に

東京2020五輪

厚木をキャンプ地に スポーツ

NZゴルフ協会

5月24日号

「誰でも参加OK」

緑ヶ丘

「誰でも参加OK」 社会

地域で育む居場所作り

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク