厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年5月17日号 エリアトップへ

キラリ光るママを紹介ー【13】 自分自身を知り、取り戻す 「ははよが」主宰 穐本(あきもと)麻里さん(34)

文化

掲載号:2019年5月17日号

  • LINE
  • hatena

 4人を子育てしながら、産後や子育て中のママを対象とした「ははよが」を主宰。きっかけは厚木市七沢の助産院・マリーンバースハウスで4人目を出産したとき。ヨーガの先生がちょうど辞めたタイミングで、「やってみないか」と勧められ、「お手伝いになれば」と同所でスタートした。現在は、毎週水曜日に玉川公民館や清川村保健福祉センターなどで開催する。参加者からは「倦怠感がなくなった」や「月齢の近い子が多いので、情報交換の場として役立つ」など、嬉しい感想が寄せられている。「産後はマイナートラブルが多いので、自分自身が自分の体を自覚することが大切です」。食養生のアドバイスなども行っている。

 自身も4人兄妹の末っ子として小田原で生まれた。ヨーガのインストラクターだった母親の影響で、幼い頃から触れる機会が多かった。「ヨーガは精神性が高いもの」ときっぱり。玄米採食、自然療法の家庭で育ち、20代前半でインストラクターの資格を取得した。現在は、カウンセリングをしてからその人に合った指導を行うヨーガ療法を学んでいる。

 18歳のころから厚木でアルバイトを始め、23歳で結婚。6年前に清川村へ移り住んだ。2男2女を育てながら、ヨーガ講師として「ははよが」の他に一般クラスも開講している。「個人の体調を聞いてからその人にあったメニューを提案し、健康に生活するための筋肉強化を行います」。精神的にも肉体的にも健康体をめざす。

 毎朝早起きしてヨーガを行うのが日課。「ヨーガは生活そのもの。自分自身を知り、自分を取り戻す」。そう話す表情は穏やかで落ち着いている。子育てにもヨーガ哲学を取り入れている。「感情で怒るとそのことに気が付くようになる」と言い、怒る前に一呼吸置くように心がけている。子どもたちは自然豊かな清川の環境で、毎日「幸せ」と笑顔。「子どもの存在に癒される」。一人ひとりの個性を大切に必死に頑張っている。

「ははよが」の様子
「ははよが」の様子

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

佐藤りえ氏トップ当選

愛川町議選

佐藤りえ氏トップ当選 政治

投票率は43・54%

10月11日号

デイケアを体験しよう

デイケアを体験しよう 社会

10月20日 さつきの里あつぎ

10月11日号

その石が誰かに届く!?

その石が誰かに届く!? 文化

話題の遊び「WAROCK(ワロック)」

10月11日号

インフルで学級閉鎖

JAで強盗訓練

JAで強盗訓練 社会

安全対策などを学ぶ

10月11日号

新看板お目見え

新看板お目見え 経済

厚木商工会議所

10月11日号

朗読の名手 会場を魅了

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月11日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

400年前の郷土の歴史を探る

400年前の郷土の歴史を探る

10月27日(日) 荻野運動公園

10月27日~10月27日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク