厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

ZOOM UP 318年目の理髪店 barber Nagashimaの12代目 長島奨悟さん(53)

社会

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena
約3mにもなる「髪結職由緒書之事」
約3mにもなる「髪結職由緒書之事」

 ▽創業は江戸時代・元禄14(1701)年。318年もの永きにわたり現在の地(元町15の31)で続く理髪店だ。店内には、初代から12代目にあたる奨悟さんまでの系譜が掲げられている。初代は江戸生まれ。屋号は横町床。7代目の時に、長島姓を名乗るように。血とともに、脈々と看板が受け継がれてきた。

 ▽「さすがに曽爺さん位までしか話は聞いたことがないなぁ」と苦笑い。髷(まげ)や日本髪などを結う髪結いとして8代目まで続き、近代から理髪店として営む。「祖父は、新しいものが好きで古いものは残さない人だった」と、残念がる。唯一残るのが、享保12(1727)年に記されたという巻物「髪結職由緒書之事」。当時の役所からのお墨付きだ。三川合流点「厚木の渡し」と呼ばれた渡船場跡の目の前に位置する同店は、古くは大山詣りに向かう人や芸妓衆で賑わい、厚木の歴史と共にあった。横須賀から来た黒人の兵隊の髪を、火コテでまっすぐに伸ばすと口コミで評判が広がるなど、いつの時代も人気を博した。直近では「パンチの長島」と呼ばれるほどパンチパーマに定評があったという。「私が仕事を始めたころはパンチが人気で、バブルで景気も良かった。朝から晩までやったので、早さも腕も自信がありますよ」とにっこり。寿町には支店も構える。

 ▽専門学校時代からの友人も、今も理髪店を商うのはごくわずかだという。しかし近年のバーバースタイルの人気から「若いお客さんも増えました」。中には3代、それ以上にわたるお客さんもいるそう。店には両親と3人で立つ。「中学生の息子には好きなことをやらせてやりたいから、この後はわからないけれど…」。そうして今日もまた、伝統を紡いでいく。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「介護している人は素敵だよ」

人生100年時代を考える

「介護している人は素敵だよ」 文化

毒蝮三太夫さんインタビュー

6月14日号

不登校児に「学び」の支援

不登校児に「学び」の支援 社会

無料塾「ねこの手」小室 善昭さん

6月14日号

「次へ」繋ぐ 親方の心意気

Zoom up

「次へ」繋ぐ 親方の心意気 経済

厚木建築職組合 組合長 井上菊一さん(69)

6月14日号

介護職のあなたを応援

厚木市愛川町

介護職のあなたを応援 社会

支援事業を紹介

6月14日号

半原宮大工の足跡語る

半原宮大工の足跡語る 文化

郷土の校舎建造を解説

6月14日号

不思議な日本語のタイル

不思議な日本語のタイル 社会

串田歯科医院前にポツリ

6月14日号

好物のマグロをパクリ

好物のマグロをパクリ 社会

渡辺ヤマさん110歳の誕生会

6月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

親子で探そうカブトムシ

厚木市建設業協会二世会

親子で探そうカブトムシ

7月20日 参加費無料

7月20日~7月20日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク