厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

Zoom up 「次へ」繋ぐ 親方の心意気 厚木建築職組合 組合長 井上菊一さん(69)

経済

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena
「ゆっくり休みがとれたら、趣味のアユ釣りに行きたいな」依知で生まれ育ち、現在山際在住
「ゆっくり休みがとれたら、趣味のアユ釣りに行きたいな」依知で生まれ育ち、現在山際在住

 ▽6月9日に、厚木市松枝の松原公園で、25回目となる住宅デーを開催した。当日は朝こそ雨が降れど、日中は天候にも恵まれた。住宅相談や子どもに向けた木工教室、毎年人気の包丁研ぎには100本超が預けられた。イベントを主催した厚木建築職組合の組合長を務めて今年で4年目になる。「住宅デーは組合のPRの一環。業界として、組合として、魅力を発信していきたい」。

 ▽組合長として、約350人の組合員をとりまとめ、湘北支部や県だけでなく、技能職団体連合協議会など多くの会合にも参加する。「昼は現場、夜は組合、自分の仕事より忙しいかも」と苦笑いするも、地域や組合の活性化のためと尽力する。「口下手でぶきっちょだけど、気が付くと全力でぶつかった仲間が沢山できてる。自分の仕事にも繋がってくるよ」と魅力を語る。

 ▽25歳で「自分の力でやっていきたい」と脱サラして建築業界へ。相模原の親方の元で10年修行して独立。井上内装を立ち上げ、親方として腕っぷし一本でやってきた。信頼は厚く、指名されて千葉、埼玉、静岡、遠い時は青森の現場まで足を運ぶ。自身の弟子には「仕事への自信と誰にも負けない気持ち、っていう心意気が大事」と教え、何人もの巣立ちを見送ってきた。現在は、長男も一緒に仕事をしている。「粗さが目に付いてやりづらい」と話すが、その顔はうれしそうだ。

 ▽職人は個人事業主が多いため、雇用契約や社会保険への対応をするには負担が大きい。これに対応し、職人を守っていくのが組合だ。現在、全国的にも建築職に就く若者は少なく、同組合内でも20代が一番少なく50代が一番多いのだという。「70代はどんどん引退していく。馬力のある若い職人が『入りたい』と思ってくれる組合になるよう、役員が盛り上げて引っ張って、次へと繋いでいかなくては」

幸せつなぐ 相続勉強会

基礎知識から応用事例まで、相続全般が学べます

https://fsouzoku.jp/seminar/

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

職員と地域に感謝

職員と地域に感謝 社会

馬場惠美子さん(69)

6月26日号

畜産業界を底上げ

畜産業界を底上げ 社会

小島信男さん(73)

6月26日号

秋には色とりどりの姿が

秋には色とりどりの姿が 文化

飯山でざる菊の地植え

6月26日号

鑑評会で6年連続入賞

鑑評会で6年連続入賞 経済

黄金井酒造「大吟醸盛升」

6月26日号

身近な自然 作品募集

身近な自然 作品募集 文化

あつぎ環境写真展

6月26日号

食材の無料配布

食材の無料配布 社会

ファンライフ子ども食堂

6月26日号

幸せつなぐ 相続勉強会

基礎知識から応用事例まで、相続全般が学べます

https://fsouzoku.jp/seminar/

小町山グリーンホーム入居者募集

プライバシー・24時間安全の両立をめざした施設です。居室内の見学も可能です。

http://seiryukai1989.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月26日号

お問い合わせ

外部リンク