厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年7月5日号 エリアトップへ

タウンレポート 水源地跡地に熱視線 町民意見交換会で要望多数

社会

掲載号:2019年7月5日号

  • LINE
  • hatena
意見交換会には多くの町民が参加した
意見交換会には多くの町民が参加した

 愛川町が半原地区で進めている「観光・産業連携拠点づくり」事業について、愛川地区まちづくり協議会が6月29日に愛川繊維会館で意見交換会を開催した。町担当者らが基本計画の見直し内容や拠点整備費の概要などを説明し、参加した約50人の町民からは事業に対する質問や要望があがった。

 観光・産業連携拠点づくり事業は、地方創生の一環として2016年度から愛川町が進めているもの。町では17年度に基本計画を策定。同町半原にある横須賀水道半原水源地跡地を活用し、約3・5haの土地に伝統技術等の体験館やレストラン、温浴施設、物産館などを整備する青写真を描いた。

 意見交換会では、18年度に実施した基本計画の見直しについて町担当者が説明し、町民との意見交換が行われた。

 見直しの内容は、当初計画していた調整池を整備せずに土地を有効活用する方針で、個別に配置していた温浴施設、レストラン、物産館を統合して来場者駐車場に近い場所に配置。駐車場は大型バスも対応させ、これまでの135台から146台に拡充した。さらに、遊具広場も追加された。

年間20万人で独立採算運営

 意見交換会では、敷地造成や土木・造園・建築等工事費の合計で31・1億円の拠点整備費(概算)や、施設の維持管理費(概算)として年間20万人の来場で独立採算運営が可能になるシミュレーション結果も公表された。

 これらの説明に対し、町民からは「施設に個性がない。横須賀水道の歴史的価値をもっと伝える視点が必要では」「宮ヶ瀬ダムや県立あいかわ公園など周辺施設との連携が重要」などの意見や「工事で多くのトラックが通ると思う。近隣住民の安全に配慮してほしい」などの要望があがった。

 愛川地区まちづくり協議会の小島信男会長は「水源地の歴史的価値活用など、町民の皆さんから多くの意見が出た。これらの要望が活かされていってほしい」と語る。

 担当の町企画政策課では「町民の皆様と丁寧に合意形成を図りながら、スピード感を持って取り組んでいきたい」と話し、今後も事業に関する住民説明会などを開催していく予定だ。

※横須賀水道半原水源地跡地

 大正10年に旧海軍が建設した取水施設。約53Km離れた逸見浄水場(横須賀市)まで送水した。終戦後は同市が所有し2015年に用途廃止。愛川町が2018年度に約8966万円で取得した。

神奈川中央病院

認知症治療病院 外来診療受付中

https://kanagawachuo-hospital.com/

厚木市プレミアム付商品券 

厚木市プレミアム付商品券、使用可能店舗を募集。申込期限は7月31日(水)まで

http://premium-gift.jp/atsugi/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

拉致問題を知って

拉致問題を知って 社会

清川で16日に映画会

11月15日号

福を呼び込め

福を呼び込め 文化

大鷲神社で酉の市

11月15日号

東邦興産が銅賞

東邦興産が銅賞 社会

交通事故防止に貢献

11月15日号

町長が直接メッセージ

町長が直接メッセージ 教育

愛川東中で特別授業

11月15日号

アミューでがんサロン

アミューでがんサロン 社会

11月17日 ティールボンボン

11月15日号

障がい者が公園清掃

障がい者が公園清掃 社会

「可能性を広げられれば」

11月15日号

最期まで自分らしく

最期まで自分らしく 社会

11月22日に講演会

11月15日号

厚木放課後児童クラブ指導員募集

厚木市内の小学校内に設置している学童保育の指導員を募集。子どもが好きな方ぜひ

https://www.city.atsugi.kanagawa.jp/shiminbenri/kurasi/koyou/saiyou/rinji/d037156.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月15日0:00更新

  • 11月1日0:00更新

  • 10月25日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク