厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年8月23日号 エリアトップへ

魅力伝えるキャッチ公募 厚木市 市民参加呼びかけ

社会

掲載号:2019年8月23日号

  • LINE
  • hatena
募集を呼び掛ける市職員の比嘉定明さん
募集を呼び掛ける市職員の比嘉定明さん

 厚木市は、2021年度からスタートする第10次総合計画の策定に向けて、まちの魅力や市への愛着を表現するキャッチフレーズの募集を行っている。市企画政策課の担当者は、「より多くの市民に参加してほしい」と呼びかける。

 「総合計画」とは、まちづくりについて総合的、長期的な視点でまとめた市の最上位計画のこと。今年6月には、第1回の市民検討会議が行われ、次期計画の策定に向けてスタートを切った。

 第10次総合計画の策定に向けては、一人でも多くの市民に関わってもらいたいと、これまでにワールドカフェ、ワークショップなどを開催。今回のキャッチフレーズの募集も同様の意図で、策定への機運を高めるねらいもある。同課では、「総合計画は、行政と一部の市民で作っているというイメージがあるかもしれないが、子どもから年配の人まで、たくさんの市民に参加してもらいたい」と話す。また、多くのフレーズを集めることは、「今の市民が考えている厚木の魅力を把握でき、市としても改めて考える機会になる」と説明する。

 8月19日時点での応募数は170。夏休みの課題として、市内の小中学生からも案を募っており、応募数はまだまだ伸びそうだ。

テーマは3種類

 今回募集しているテーマは3種類。それぞれに続くフレーズを募集する。テーマは【1】「わたしが住んでいるあつぎは」、【2】「わたしが学んでいるあつぎは」、【3】「わたしが働いているあつぎは」の3つ。応募資格は厚木市に在住、在勤、在学の人。応募は未発表のもので、1テーマあたり1人1点。最優秀作品は、デザイナーによるイラスト入りで計画冊子に掲載される。

 応募は必要事項を明記しはがき、FAX、メールのほか、市ホームページの応募フォームから。9月30日(月)必着。問合せは市企画政策課【電話】046・225・2455へ。

046-234-0118

海老名市中央3-5-8

http://www.8eight.jp/

小児科内科落合院

病児のお預かりもしています。保育・医療事務担当職員募集中

https://www.ochiai-iin.com/

ニチイの医療事務講座

9月1日~10月31日まで受講料が30%OFFに。無料体験説明会も実施

https://www.e-nichii.net/campaign/iryo_reiwastart2019/

「自分でできた!」に導く公文式

いつでも教室減額ができます。お近くの教室は「くもん教室」で検索

https://www.kumon.ne.jp/

屋根修理は妻田南のアイネックス

「雨が漏った」「屋根材が剥がれた」など、屋根や壁の困りごとがあったら連絡を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

6基の新水槽が完成

あゆ種苗センター

6基の新水槽が完成 社会

5tの生産量増見込む

12月6日号

夢未市が10周年

JAあつぎ

夢未市が10周年 経済

今日から8日まで記念祭

12月6日号

和裁ひとすじ、半世紀

神奈川の名工

和裁ひとすじ、半世紀 文化

厚木市から軍司さんが受賞

11月29日号

小鮎小PTAが大臣表彰

小鮎小PTAが大臣表彰 教育

「地域とのつながり」評価

11月29日号

南蛮屋本店が受賞

県優良小売店舗表彰

南蛮屋本店が受賞 文化

 炭火焙煎コーヒー店

11月22日号

荻野で2度目の実証運行

厚木市

荻野で2度目の実証運行 社会

「地域コミュ交通」実現へ向け

11月22日号

地域一丸で125周年祝福

愛川町立高峰小

地域一丸で125周年祝福 教育

ドローンで人文字撮影

11月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月6日0:00更新

  • 11月29日0:00更新

  • 11月22日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

夢を諦めない

12月7日参加募集

夢を諦めない

 親子で学べる講演・体験会

12月7日~12月7日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク