神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

厚木東高×リカちゃん コラボで伝統の制服再現 常盤会が企画、来夏完成へ

教育

公開:2019年10月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
昭和28年から55年入学の生徒が着用した紺の制服を着たリカちゃん(サンプル)。髪の毛の色も制服に合わせている
昭和28年から55年入学の生徒が着用した紺の制服を着たリカちゃん(サンプル)。髪の毛の色も制服に合わせている

 思い出の制服とリカちゃんがコラボ-。県立厚木東高校同窓会「常盤会」(林田洋子会長)が企画して、過去の制服を着たリカちゃん人形を制作中だ。完成は2020年8月末の予定。林田会長は「完成品が楽しみ」と心待ちにする。

 制服とリカちゃんのコラボの話は、3〜4年前からあった。同会の名簿作成などを行う株式会社サラト(本社/兵庫県姫路市)が、同窓会事業の一環でオリジナル制服リカちゃんの制作を行っており、何度か提案を受けていたが、タイミングが合わず流れていた。

 しかし、昨年10月に県から発表された同校の再編・統合計画がきっかけとなり、制作が決まった。「学校の統廃合の話が出て今回の話が一気に進んだ」と林田会長は振り返る。

 再現される制服は、1953(昭和28)年から80(昭和55)年入学までの紺タイプ、81(昭和56)年から2012(平成24)年までのグレータイプの2種。ジャケットも再現される。

 制服の再現には、学校が所有していた制服が使われ、サンプルができあがると、同会のメンバーは「生地の感じが違う」「襟の角度がもっと丸い」など、当時を思い出しては意見を出し合ったという。林田会長は「制服のリカちゃんを見て、改めて東高に愛着を持ってくれたら嬉しい。親世代になった卒業生が子どもや孫に思い出を話すきっかけにしてもらえれば」と話す。

 

樹木葬と家族葬の「ゆかりえ」

小田急線「愛甲石田駅」徒歩すぐ。友引の日は無料相談会開催中。

https://www.fujimishikiten.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

上半期5800万円の被害

厚木署管内特殊詐欺

上半期5800万円の被害

SNS型・ロマンスも増加

7月12日

日本代表で国際大会へ

相川中の細野さん

日本代表で国際大会へ

走攻守の三拍子武器に

7月12日

特別警戒に指針

厚木市熱中症対策

特別警戒に指針

愛川町も暑熱シェルター

7月5日

救助技術大会で全国へ

厚木市消防本部

救助技術大会で全国へ

ほふく救出部門、12年ぶり

7月5日

特区でロボット開発

厚木座間綾瀬の4社

特区でロボット開発

実用化へ県も支援

6月30日

町内初の外国籍消防団

愛川町

町内初の外国籍消防団

災害時、母語で避難支援

6月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年7月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook