厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年12月6日号 エリアトップへ

交通安全特別企画 事故に気をつけて明るい年末年始を

社会

掲載号:2019年12月6日号

  • LINE
  • hatena

 12月11日から20日は、年末の交通事故防止運動期間。厚木警察署管内では、事故件数は減少傾向にあるが、今年も死亡事故が発生している。無事故で年末を迎えるため、交通事故防止に取り組む厚木警察署・河辺裕司署長、交通安全協会・笹生準一会長、安全運転管理者会・真田辰雄会長、青少年交通安全連絡協議会・福山忠俊会長に話を聞いた。

 神奈川県内での今年の人身交通事故件数(12月1日現在・暫定値)は、2万1285件で前年比マイナス2686件。死者数は前年比マイナス20人だった。厚木警察署管内では、事故件数が885件(同)で前年比マイナス128件と大きく減少した。しかし、管内の死者数は昨年と同じ6人。河辺署長は「県内、管内ともに事故件数は減少しており良い方向に向かっています。しかし、今年も管内では死亡事故が発生しています。これからも気を引き締めて交通事故防止活動を推進していきたい」と話す。

 事故の傾向としては、二輪車や高齢者の事故が目立つ。特に夜間は危険が高まるため、目立ちやすい明るい色の服装や、反射材の着用が事故防止につながる。交通安全協会の笹生会長は「車の運転手も、早めのライト点灯をお願いしたい。また、忘年会シーズンでお酒を飲む機会が増える時期。飲酒運転の根絶を強く呼び掛けていきたい」と気を引き締める。

 事故の発生場所では、やはり交差点の件数が多いものの、直線単路での死亡事故も発生しており、油断は禁物だ。今年の12月1日から、携帯電話等使用での「ながら運転」が厳罰化された。「年末は何かと多忙になるが、一瞬のミスが大きな事故を引き起こし、一生の後悔を生む。運転ルールを守り、基本に忠実に」と、青少年交通安全連絡協議会の福山会長は語る。

 交通安全のイベントも各地で行われている。「今年5月に厚木中央公園で開催した『こども交通安全フェスタ』では、多くの方にご参加いただきました。これからも地域貢献を続けていきたい」と、安全運転管理者会の真田会長は話す。

 明るい年末年始を迎えるために―。厚木警察署や厚木市、愛川町、清川村などの行政、各団体ではさまざまな啓発活動を行っている。河辺署長は「今年は、高齢運転者による死亡事故や、あおり運転からの傷害事件など、世論を動かす事案も発生しました。厚木警察署では、関係団体や行政、地域住民の方々と共に事故ゼロを目指してまいります。皆さまの引き続きのご協力、よろしくお願いします」と呼びかけている。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

少年球児 48人が卒団

少年球児 48人が卒団 スポーツ

厚木市少年野球協会

1月17日号

細野区が5連覇達成

細野区が5連覇達成 スポーツ

愛川町一周駅伝

1月17日号

中学生の美術作品を展示

中学生の美術作品を展示 教育

21日までアミューあつぎ

1月17日号

「ともに生きる」 を考えよう

「ともに生きる」 を考えよう 社会

ライブと講演

1月17日号

たくさんのレガシーを子どもたちに

たくさんのレガシーを子どもたちに 教育

厚木市教育委員会教育長 曽田高治

1月17日号

厚木法人会からのお知らせ

厚木法人会からのお知らせ 経済

―どなたでも参加できます―

1月17日号

支え合う地域づくり

支え合う地域づくり 社会

社会福祉法人厚木市社会福祉協議会会長 神保忠男

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月17日0:00更新

  • 1月10日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月17日号

お問い合わせ

外部リンク