厚木・愛川・清川版 掲載号:2019年12月20日号 エリアトップへ

大貫桜和さんに農水相賞 「ごはん・お米とわたし」コンクール

教育

掲載号:2019年12月20日号

  • LINE
  • hatena
県知事賞の賞状を持つ大貫さん
県知事賞の賞状を持つ大貫さん

 第44回「ごはん・お米とわたし」作文・図画コンクール(主催/都道府県農業協同組合中央会・全国農業協同組合中央会ほか)の審査結果が12月9日に発表され、作文部門で厚木市立相川中学校1年・大貫桜和(さわ)さんの『父が選んだ道』が農林水産大臣賞に輝いた。12月16日には、同校で先だって行われた県審査の神奈川県知事賞の賞状が手渡された。

 「ごはん・お米とわたし」コンクールは、JAグループが推進する「みんなのよい食プロジェクト」の一環として行われているもので、これからの食・農を担う次世代の子どもたちに、お米・ごはん食・稲作など、農業について学んでもらい、その重要性を広く周知することを目的に毎年開催されている。各都道府県で審査が行われ、上位入賞者が全国で審査される。今年は全国の小中学生から作文5万660点・図画6万767点の応募があった。

 大貫さんの作文『父の選んだ道』=中面に全文掲載=は、県審査で作文部門・中学生3部で神奈川県知事賞を受賞。全国の審査に進み、農林水産大臣賞に輝いた。表彰式は2020年1月11日に東京都千代田区のJAビルで行われる。

 表彰式に先立ち、12月16日にはJAあつぎ(大貫盛雄代表理事組合長)から県知事賞の賞状が同校に届けられた。同JA経済課の室賦克彦課長から賞状を受け取った大貫さんは「賞がもらえると思わなかったので、びっくりしました。うれしい」と受賞を喜んだ。

 埼玉県で育った大貫さんは、農業を営む祖父の後を継いで就農を決めた父・隆敏さん(49)と共に小学3年の時に家族で厚木市へ。最初は引っ越しが嫌だったというが、今は「楽しい」とほほ笑む。作文は「その時から今までの気持ちを一気に書いた」という。

 中学ではバスケットボール部に所属する大貫さん。今では、お米とイチゴを栽培する隆敏さんの仕事を手伝うこともあり、「土をさわるのは好き。でも虫は嫌いです」と笑顔。「将来はお米を作ってみたい」と話した。

 また同コンクールでは、大貫さんの通う相川中学校(亀井敏昭校長)も県審査で学校奨励賞に選ばれた。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

手作りマスクが好評

障害者就労施設製

手作りマスクが好評 スポーツ

自立支援にも一助

7月10日号

全戸にエコバッグ配布

清川村

全戸にエコバッグ配布 社会

住民と取り組むSDGs

7月10日号

観光支援に1億円

厚木市

観光支援に1億円 社会

8月にクーポンやプレミアム商品券

7月3日号

来館者5万人を達成

あつぎ郷土博物館

来館者5万人を達成 文化

市長「改めて感謝」

7月3日号

又村画伯の作品常設へ

厚木市森林組合

又村画伯の作品常設へ 文化

木と墨のぬくもり溢れるコーナー

6月26日号

新給食センター事業者決定

厚木市

新給食センター事業者決定 教育

22年9月に運用開始

6月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月10日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月12日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク