厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

せんみ凧 高く青空へ 玉川小で恒例の大会

文化

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
せんみ凧を空高く揚げようと校庭を駆け抜ける児童
せんみ凧を空高く揚げようと校庭を駆け抜ける児童

 厚木市立玉川小学校(高澤崇校長)で2月10日、恒例のせんみ凧あげ大会が行われた。

 同校では、玉川せんみ凧保存会(前場政行会長)の協力を得て、卒業制作として6年生がせんみ凧を作成。毎年、凧あげ大会を開催するのが恒例となっている。

 当日は、約25人の6年生が校庭いっぱいに広がり、自作のせんみ凧を空高く揚げようと駆け回った。この日は、保存会のメンバーも「凧揚げに最適な風」と太鼓判を押す状態だったが、「惜しい〜」「難しい〜」と揚げるのに苦労する児童が目立った。時間が経つにつれ、風の向きや糸の引き方などに慣れてくると、いくつものせんみ凧が青空に舞った。

 凧揚げを振り返り三橋柊良(しゅうら)くんは「コツをつかむまでは、高くあげるのが難しかった。走って凧が高くあがったら、指先で糸を押したり引いたりするのがコツ」と笑顔で話した。

 また、児童から「師匠」と呼ばれ、昨年10月から凧の制作などに最初から関わってきた前場会長は「今年で14年目の凧づくり。いろいろな方の協力があって実施できている。今年は特に、保護者が多く見に来てくれて、地域一丸で協力してできた。当日は凧あげに苦戦している児童が多かったが、それはそれで良い思になったと思う」と話した。

 せんみ凧とは、竹ひごと和紙を使い、セミをかたどった横60cm、縦30cmほどのたこ。昭和30年ころまでは、神奈川県の県央・県西地域で5月の節句の時期に男児の成長を願って揚げられていたという。

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

「チャンスつかむため懸命に生きて」

依知南小

「チャンスつかむため懸命に生きて」 教育

池谷直樹さん招き命の授業

2月14日号

厚木市で初の略式代執行

厚木市で初の略式代執行 社会

空き家総数減に向け対策

2月14日号

奥山佳恵さん愛川へ

奥山佳恵さん愛川へ 社会

町社協が福祉講演会

2月14日号

地元の逸品で賞品ゲット

地元の逸品で賞品ゲット 社会

愛川でスタンプラリー

2月14日号

にゃんこの写真展

革工芸を体験

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

又村一門 展覧会

又村一門 展覧会

20日からアミューあつぎで

2月20日~2月25日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月14日号

お問い合わせ

外部リンク