厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年2月14日号 エリアトップへ

厚木市 NZサッカー協会と調印 東京2020 代表チーム7月事前合宿

スポーツ

掲載号:2020年2月14日号

  • LINE
  • hatena
公開調印式に参加した関係者全員での記念撮影のようす(厚木市提供写真)
公開調印式に参加した関係者全員での記念撮影のようす(厚木市提供写真)

 東京オリンピック2020大会まで164日となった2月11日、ニュージーランド(以下NZ)のホストタウンに登録している厚木市はNZサッカー協会と事前キャンプに関する基本合意を締結、荻野運動公園で公開調印式を行った。会場には両国関係者をはじめ、市サッカー協会の少年少女らも大勢駆けつけ、歓迎ムード一色に。NZサッカー代表チームは7月4日から14日まで事前キャンプで厚木市に滞在する予定。

 厚木市は東京2020大会へ向け、2016年にニュージーランドのホストタウンに登録。これまで同国バスケットボール協会、ゴルフ協会、車いすラグビー協会と事前キャンプ受入れなどに関する基本合意を締結している。

 今回の締結で新たに厚木市で事前キャンプを行うことになったのは、男子サッカーU―23NZ代表と女子サッカーNZ代表。両チームはすでに東京2020大会の出場権を獲得している。

 荻野運動公園競技場に設けられた壇上で調印式が執り行われ、小林常良市長は「この合意でニュージーランドとの交流がより深まるように願っている。全力でサポートしていく」とあいさつ。ニュージーランドサッカー協会のアンドリュー・プラグネルCEOは「今この場にいられることに大きな喜びを感じている。心のこもったおもてなしに深く感謝している」と流ちょうな日本語であいさつし、大きな拍手が起こった。

 また、来賓代表で壇上に上がった内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の勝野美江統括官は「厚木市は全国に先駆けてホストタウンになってもらった市。国内で15あるニュージーランドのホストタウンのなかでもリーダーシップをとってもらっている。その取り組みは全国のホストタウンの見本になっている」と祝辞を述べた。

 その後は、花おんぷ音楽教室の生徒と七沢幼稚園の園児らで編成された「厚木おもてなし音楽隊」によるニュージーランド国歌の合唱が歓迎ムードを盛り上げた。

ニュージーランド国歌を歌う「おもてなし音楽隊」
ニュージーランド国歌を歌う「おもてなし音楽隊」

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

待機児童対策で市と連携

社会福祉法人新考会

待機児童対策で市と連携 教育

妻田北に4月から新施設

2月21日号

あつぎ元気プラン総仕上げ

厚木市当初予算案

あつぎ元気プラン総仕上げ 経済

一般会計は859億円

2月21日号

本厚木駅南口に新駐輪場

本厚木駅南口に新駐輪場 社会

労基署跡に4月オープン

2月14日号

郷土資料館跡に移転へ

厚木北児童館

郷土資料館跡に移転へ 社会

安全性、利便性を考慮

2月7日号

厚木市は1人

待機児童

厚木市は1人 教育

愛川町は17人、清川村は0人

2月7日号

多世代の憩いの場に

あさひ公園(厚木市旭町)

多世代の憩いの場に 社会

2月24日にオープン

1月31日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月14日0:00更新

  • 2月7日0:00更新

  • 1月31日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

又村一門 展覧会

又村一門 展覧会

20日からアミューあつぎで

2月20日~2月25日

厚木・愛川・清川版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク