厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年3月20日号 エリアトップへ

厚木市 「共生社会」へ進化 取組に評価 ホストタウン登録

社会

掲載号:2020年3月20日号

  • LINE
  • hatena
相川小で児童と交流するNZ車いすラグビー選手(厚木市提供)
相川小で児童と交流するNZ車いすラグビー選手(厚木市提供)

 厚木市は3月6日、2020年東京パラリンピック競技大会の開催に向けた取り組みが認められ、内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の「共生社会ホストタウン」に登録された。

 共生社会ホストタウンとは、内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局による制度。パラリンピアンなどの受け入れを契機に、各地における共生社会の実現に向けた取り組みを加速し、2020年以降につなげていくもの。

 2017年から募集を開始し、神奈川県内では横浜市、川崎市、平塚市、藤沢市に次いで5番目の登録となった。

パラリンピアンとの交流

 厚木市は、16年1月にニュージーランド(NZ)のホストタウンとして登録、様々な分野で交流事業を実施してきた。昨年10月には車いすラグビーNZ代表チームと、東京パラリンピックの事前キャンプに関する基本合意を締結している。

 厚木市では、パラリンピアンとの交流やユニバーサルデザインの街づくり、心のバリアフリーに注力してきた。

 パラリンピアンとの交流では、市立小中学校を対象に、厚木市出身の車いすバスケットボール選手・鈴木百萌子さんなどによる体験講座を行っているほか、NZ代表チームによる車いすラグビー体験講座を実施した。

ユニバーサルデザインの街づくり

 キャンプ地となる荻野運動公園(厚木市中荻野)を18年度にリニューアルし、客席やトイレなどを全面バリアフリー化。またノンステップバスやユニバーサルデザインタクシーの導入補助などにも取り組む。

心のバリアフリー

 ボランティア団体による市内小・中学校での車いす利用体験や手話講座などを継続的に実施している。NZ代表選手のキャンプ時には、リハビリテーション病院でのセミナーを実施した。

 市企画政策課では、「今までやってきたことが認められて嬉しい。パラリンピック後も継続して取り組めるよう、尽力していく」と話した。

厚木・愛川・清川版のトップニュース最新6

県がん診療連携指定病院に

三思会東名厚木病院

県がん診療連携指定病院に 社会

県央地区で初の指定

4月3日号

「動く防犯カメラ」を活用

愛川町

「動く防犯カメラ」を活用 社会

ドラレコ登録制度開始

4月3日号

厚木市庁舎移転へ

厚木市庁舎移転へ 政治

市議会定例会議で位置条例可決

3月27日号

厚木東高校が全国2位

厚木東高校が全国2位 文化

万葉の里 短歌コンクール

3月27日号

"あつお"が不安対策に一役

デザイン会社ティラミス

"あつお"が不安対策に一役 社会

「緊張をゆるめて」ポスター作成

3月20日号

「共生社会」へ進化

厚木市

「共生社会」へ進化 社会

取組に評価 ホストタウン登録

3月20日号

3/19~23ご愛顧感謝セール

新施設『焼き菓子工房』グランドオープン!定価より20%OFF

https://www.nanbanya.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月3日0:00更新

  • 3月27日0:00更新

  • 3月20日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク