厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

厚木市 高齢化率25・7% 森の里地区で高齢化進む

社会

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena

 小林常良厚木市長は9月17日と18日の2日に渡り、95歳以上の高齢者518人のうち希望者15人を訪問した。

65歳以上の高齢者年々増加

 厚木市の100歳以上の高齢者の数は81人(9月15日現在)で、最高齢は107歳の女性(睦合西地区)という。

 また、9月1日現在、65歳以上の高齢者は5万7647人で比率は25・7%、過去5年をさかのぼると、2019年が5万6800人で25・2%、18年が5万6523人で25・1%、17年が5万4613人で24・1%、16年が5万2997人で23・5%と年々増加している。

森の里地区で43・01%

 地区別に65歳以上の高齢化率を見てみると、森の里の43・01%が最も高く、次いで緑ヶ丘の32・60%、3番目が玉川の32・23%となっている。逆に高齢化率が低いのは、厚木で20・79%、次いで南毛利で23・29%、3番目が相川で24・65%となっている。

 厚木市介護福祉課では、「森の里地区は35年ほど前に開発が行われ、働き盛りの人たちがたくさん越して来た。その人たちが今、65歳以上になってきたのでは。また、高齢者専用のマンションが建設されたのも要因のひとつでは」と話す。

 高齢化率の低い厚木地区については、「マンションがどんどん建設され、人口が流動的であることが要因のひとつと言える」という。

 高齢化の進む森の里地区では、地域住民の交流の場として昨年4月に「ぐるっと広場」(運営/一般社団法人厚木ぐるっと)をオープン。その他、森の里地区を回遊する乗合バス「森の里ぐるっと」の運行などを行っている。

5年後の高齢者推計5万9千人

 厚木市が打ち出す将来人口の推計と分析では、5年後の25年には65歳以上の高齢者数は5万9020人となり、高齢化率は26・9%になると見込んでいる。

 厚木市では、市内に住所がある満65歳以上の高齢者が対象のシルバーチケットや、85歳以上が対象の高齢者タクシー利用券の配布なども行っている。
 

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

『実践 樹幹注入の心得』

栗原俊光さん著

『実践 樹幹注入の心得』 文化

5月7日号

医療従事者へ花束

厚木商議所女性会

医療従事者へ花束 社会

5月7日号

大きく育て卒業証書

タウンレポート

大きく育て卒業証書 教育

半原小で「楮」の苗植え

5月7日号

歯科医会と連携強化

清川村

歯科医会と連携強化 社会

健康診査事業を実施

5月7日号

新チームを紹介

はやぶさイレブン

新チームを紹介 スポーツ

キックオフパーティー

5月7日号

実践的訓練で備え

愛川町

実践的訓練で備え 社会

新型コロナのワクチン接種

5月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter