厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

厚木市 高齢化率25・7% 森の里地区で高齢化進む

社会

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena

 小林常良厚木市長は9月17日と18日の2日に渡り、95歳以上の高齢者518人のうち希望者15人を訪問した。

65歳以上の高齢者年々増加

 厚木市の100歳以上の高齢者の数は81人(9月15日現在)で、最高齢は107歳の女性(睦合西地区)という。

 また、9月1日現在、65歳以上の高齢者は5万7647人で比率は25・7%、過去5年をさかのぼると、2019年が5万6800人で25・2%、18年が5万6523人で25・1%、17年が5万4613人で24・1%、16年が5万2997人で23・5%と年々増加している。

森の里地区で43・01%

 地区別に65歳以上の高齢化率を見てみると、森の里の43・01%が最も高く、次いで緑ヶ丘の32・60%、3番目が玉川の32・23%となっている。逆に高齢化率が低いのは、厚木で20・79%、次いで南毛利で23・29%、3番目が相川で24・65%となっている。

 厚木市介護福祉課では、「森の里地区は35年ほど前に開発が行われ、働き盛りの人たちがたくさん越して来た。その人たちが今、65歳以上になってきたのでは。また、高齢者専用のマンションが建設されたのも要因のひとつでは」と話す。

 高齢化率の低い厚木地区については、「マンションがどんどん建設され、人口が流動的であることが要因のひとつと言える」という。

 高齢化の進む森の里地区では、地域住民の交流の場として昨年4月に「ぐるっと広場」(運営/一般社団法人厚木ぐるっと)をオープン。その他、森の里地区を回遊する乗合バス「森の里ぐるっと」の運行などを行っている。

5年後の高齢者推計5万9千人

 厚木市が打ち出す将来人口の推計と分析では、5年後の25年には65歳以上の高齢者数は5万9020人となり、高齢化率は26・9%になると見込んでいる。

 厚木市では、市内に住所がある満65歳以上の高齢者が対象のシルバーチケットや、85歳以上が対象の高齢者タクシー利用券の配布なども行っている。
 

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

市立病院にバラ450本

市立病院にバラ450本 社会

日本フルハーフ(株)

10月30日号

運動会で元気いっぱい

運動会で元気いっぱい 教育

厚木・あさひ保育園が工夫し開催

10月30日号

おもちゃを安全に

おもちゃを安全に 社会

村が殺菌保管庫設置

10月30日号

エコバッグ作ります

エコバッグ作ります 経済

販促グッズや記念品に

10月30日号

明治安田生命と協定

愛川町

明治安田生命と協定 社会

健康増進で連携

10月30日号

詐欺防止の動画を配信

神奈川県警×レジェンド松下さん

詐欺防止の動画を配信 社会

昨年の被害件数過去最多を受け

10月30日号

アイネックスがリフォーム博開催

10月31日湯花楽厚木店。屋根・外壁、キッチン、蓄電池のコーナーも

http://www.in-ex.co.jp/

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月30日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク