厚木・愛川・清川版 掲載号:2020年11月20日号 エリアトップへ

JAあつぎ お米で食農教育 相川支所で収穫体験

教育

掲載号:2020年11月20日号

  • LINE
  • hatena
収穫した稲を掛け干しする園児たち
収穫した稲を掛け干しする園児たち

 JAあつぎ相川支所で10月28日、相川保育所の園児を招いた「稲の収穫・掛け干し体験」が行われた。

 同支所では、地域密着型の食農教育活動の一環として、2010年から相川保育所の園児を対象とした「水稲栽培体験教室」を実施。同支所の地区役員などで組織された相川地区運営委員会が中心となって、毎年、田植えから稲刈り、団子づくりなどを通して食と農の大切さを伝えている。

 当日は発泡スチロールの箱で育てられた稲をJA職員と一緒に収穫。そのまま掛け干し作業も体験し、米が食卓に並ぶまでに多くの作業があることを学んだ。また作業終了後には敷地内にある倉庫で出荷される米の様子を見学。園児からは「どこで売っているの」などの質問があがった。

 同支所の大塚孝雄支所長は「体験を通じて農業を身近に感じてくれればうれしい。今後もJAならではの活動で子どもたちの健全育成をサポートしたい」と話した。

雨漏れ、飛散、屋根修理

雨が漏った、屋根材が剥がれたなど困り事はアイネックスへ

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

あっとほーむデスク

商業者支援に引き続き尽力

商業者支援に引き続き尽力 経済

(一社)厚木市商店会連合会会長 齊藤 裕

1月22日号

譲り合いの心で交通事故防止

譲り合いの心で交通事故防止 社会

厚木警察署管内交通安全協会会長 笹生準一

1月22日号

更なる活気を作り出す商店会に

更なる活気を作り出す商店会に 社会

あいちゃん商店会会長 高橋和仁

1月22日号

コロナに負けないよう会員一同力を合わせて

コロナに負けないよう会員一同力を合わせて 社会

厚木市全国県人会連合会会長 野澤 浩

1月22日号

農業・地域に欠かせないJAを目指して

農業・地域に欠かせないJAを目指して 社会

県央愛川農業協同組合代表理事組合長 馬場 紀光

1月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月11日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク