厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年4月16日号 エリアトップへ

ヘアドネーションに挑戦 「いま自分が出来ること」 三田小の菊池昊輝(こうき)くん

社会

掲載号:2021年4月16日号

  • LINE
  • hatena
肩まで伸びた髪をカットし、束ねた髪を手にする菊池くん
肩まで伸びた髪をカットし、束ねた髪を手にする菊池くん

 小児がんや脱毛症などで髪に悩みを持つ子どもたちに、寄付により集められた髪の毛でウィッグを作り、無償で提供する「ヘアドネーション(髪の寄付)」活動。10数年前に日本でも活動が始まり、今では認知度も上がり、多くの髪の寄付が行われているという。

 厚木市立三田小学校6年生の菊池昊輝くん(下荻野在住・11歳)もこの春、1年以上かけて伸ばした髪でヘアドネーションを行ったひとりだ。

 昊輝くんがヘアドネーションの存在を知ったのは、昨年1月にテレビ番組でのこと。すぐに「いま自分にできることで応援したい」と髪を伸ばすことを決意したという。

 ほぼ坊主頭だった状態から伸ばし始めた昊輝くん。男の子ということで、伸ばす間の苦労も多く、周りの人たちから女の子に間違われたり、友達にからかわれたりすることもあった。それでもめげることなく伸ばし続けること1年3カ月、無事に寄付できる長さに到達した。4月2日には本厚木駅近くの美容室で、ヘアドネーション用に束ねてカット(=写真下)。切った髪を受け取り、ヘアドネーション活動を行っている団体に送ったという。「伸ばすのは大変だったけど、ヘアドネーションができて嬉しかった。一人でも多くの人が救われたら」と当時の喜びを話す。

 昊輝くんの将来の夢は医師。「ひとりでも多くの人を助けられる仕事をしたい」とまっすぐな眼差しで話す。これからも「困っている人がいたら積極的に助けられるように、自分でできることがあれば何でもやっていきたい」と話した。

伸ばした髪を束ねてカット
伸ばした髪を束ねてカット

雨漏れ、飛散、屋根修理

屋根、壁で困ったらお電話を!

http://www.in-ex.co.jp/

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

里親会に消毒液を寄付

里親会に消毒液を寄付 社会

厚木マルベリーLC

6月11日号

健康づくりの輪広がる

緑ケ丘地区

健康づくりの輪広がる スポーツ

高齢者体操教室が活況

6月11日号

図書57冊を寄贈

厚木歯科医師会

図書57冊を寄贈 社会

本で歯の健康啓発

6月11日号

開幕2連勝飾る

はやぶさイレブン

開幕2連勝飾る スポーツ

水野選手が2ゴール

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉進次郎大臣インタビュー

6月11日号

今年も田植えからスタート

今年も田植えからスタート 文化

南毛利もち米づくりの会

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 4月23日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

厚木・愛川・清川版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter