厚木・愛川・清川版 掲載号:2021年7月23日号 エリアトップへ

厚木東高校人形浄瑠璃部 伝統芸能を全国で披露 紀の国わかやま総文に出場

文化

掲載号:2021年7月23日号

  • LINE
  • hatena
6人のメンバー
6人のメンバー

 厚木市王子の県立厚木東高校(村越みどり校長)の人形浄瑠璃部が、7月31日(土)から8月6日(金)まで和歌山県で開催される「第45回全国高校総合文化祭和歌山大会(紀の国わかやま総文2021)」に、神奈川県代表として出場する(同校の発表は8月4日)。

 同大会は、”文化部のインターハイ”と呼ばれる全国大会で、同校が臨む郷土芸能部門には58校が出場(神奈川県から2校)。地元の芸能を広く伝えていくとともに、全国各地の郷土芸能を知ることを目的としている。

 1906年創立の同校で同部は72年創部と、半世紀近い歴史を持つ。今年度は男子3人を含む3年生4人、1・2年生各1人の部員6人で活動。放課後週2回、同部卒業生が中心となり活動する『あつぎひがし座』メンバーの指導のもと、稽古に打ち込み、2年ぶりに全国の舞台に臨む。

 7月19日には総文に向け、演目となる「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし) 大井川の段」の動きなどを確認。お互いに話し合い人形の動きをチェックするなどチームワークのよさが垣間見られた。

 顧問の佐藤愛教諭は、「昨年リモートを活用するなどして淡路島や長野県の伝統芸能を受け継ぐ高校の部と交流ができ刺激になった。またそうした中で話を聴く機会があった郷土芸能を研究する大学教授が、『伝統芸能はもともと楽しいものなので若い人たちも楽しんでほしい』と話しており、まさに生徒たちには楽しんで披露してほしい」とコメント。

 部長の水本拓翔さん(3年)は、「部員は仲がよく互いに信頼しチームワークが強味。今から緊張していますが、せっかくの全国大会なので楽しみながら発表をしたい」と、力強く語った。
 

見どころ場面で熱が入る
見どころ場面で熱が入る

株式会社伊藤測量

厚木市で創業40周年を迎えました。ご支援ありがとうございます。

<PR>

厚木・愛川・清川版のローカルニュース最新6

ワンだふるな写真を展示

ワンだふるな写真を展示 社会

11月10日まで 「あつめ木」

10月22日号

高速大容量に環境整備

神奈川工科大

高速大容量に環境整備 教育

第1期竣工祝う

10月22日号

平和の尊さを後世に

平和の尊さを後世に 社会

清川で二つの企画展

10月22日号

治療と仕事の両立をサポート

治療と仕事の両立をサポート 社会

(一社)がんと働く応援団

10月22日号

ざる菊 色鮮やかに

ざる菊 色鮮やかに 文化

5000株が見ごろ

10月22日号

愛犬としつけを学ぼう

愛犬としつけを学ぼう 教育

11月13日に教室実施

10月22日号

義家ひろゆき

厚木市旭町1の15の17

https://www.yoshiie-hiroyuki.com/

立憲民主党・ごとう祐一

提案を実現 予算委員会質問時間No.1

https://www.jitsugen.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月15日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

  • 7月30日0:00更新

厚木・愛川・清川版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook